2024年 5月 31日 (金)

「ChatGPT」超えた?マイクロソフト新検索サービス  AIで過去にお騒がせも

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米マイクロソフトが、検索エンジン「Bing」やブラウザー「Edge」でAI(人工知能)を活用した新サービスを提供する。AIとチャットできる機能を通して、新たな形の検索ができるようになるという。2023年2月8日(日本時間)に発表した。

   マイクロソフトには過去、「会話機能のあるAI」の開発、公開実績がある。2016年のチャットボット(人間と会話できるプログラム)「Tay(テイ)」だ。ところがTayは公開直後に相次いで暴言を吐いてしまい、問題視された末に機能停止となった。

  • Bingにチャット機能のあるAIが搭載されるが (画像は米マイクロソフトの発表から)
    Bingにチャット機能のあるAIが搭載されるが (画像は米マイクロソフトの発表から)
  • Bingにチャット機能のあるAIが搭載されるが (画像は米マイクロソフトの発表から)

次世代の「大規模言語モデル」搭載

   2023年2月7日(現地時間)のマイクロソフトの発表によると、AIを搭載した新たなBingとEdgeでは、同社が投資し協業関係にある人工知能研究所の「OpenAI」の技術を活用している。OpenAIは、チャット型AI「ChatGPT」を22年11月、インターネット上に公開。ユーザーのさまざまなジャンルの質問に対して的確な回答を文章で生成できると話題になった。

   新たなBingとEdgeには、検索用に特化した次世代の「大規模言語モデル」(言語を学習し生成できるAIのようなもの)を搭載しているという。これにChatGPTや、ChatGPTに用いられている言語モデル「GPT-3.5」の開発を通して得た学びや技術を取り入れており、その性能は「ChatGPTよりも強力」とのことだ。

   ユーザーの検索結果を検証し、知りたい答えをまとめてくれる機能や、「プログラムを書いて」と指示すると、ユーザーの参考となり得るプログラミングコードを表示してくれるサービスが紹介されている。AIとチャットでやりとりをしつつ、調べたい情報を効率的に検索できる機能も搭載される。

   現在は試験的な「プレビュー版」であり、一部のパソコンユーザーに向けて提供している。今後、使用可能なユーザーを数百万人に増やしていくとのことだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!