2024年 6月 15日 (土)

映画「鬼滅の刃」公開3日で11億円超 完全新作でなくても大ヒットする理由

   アニメ映画「『鬼滅の刃』上弦集結、そして刀鍛冶の里へ」が2023年2月3日の公開から3日で、興行収入11億円を突破した。「鬼滅の刃」公式ツイッターが6日に発表した。

   人気アニメだが、今回の映画は新作ではない。テレビアニメ「遊郭編」のクライマックス2話と、4月から放送の「刀鍛冶の里編」第1話がまとめられた「総集編」映画だ。ファンなら既に見たはずの内容が多くを占めるのに、それでも魅了されるのはなぜか。

  • 「『鬼滅の刃』上弦集結、そして刀鍛冶の里へ」公式サイトより
    「『鬼滅の刃』上弦集結、そして刀鍛冶の里へ」公式サイトより
  • 「『鬼滅の刃』上弦集結、そして刀鍛冶の里へ」公式サイトより

「洋画超大作級のスクリーン数」

   J-CASTトレンドは、映画ライターのよしひろまさみち氏に取材した。

   まず、総集編は観客動員が悪くなく、1スクリーンあたりの興行収入が比較的高い。そのため、「さまざまなヒットアニメが再編集の総集編を作るケースがあります」と話した。

   その中でも「『鬼滅の刃』上弦集結、そして刀鍛冶の里へ」の興収は、「だいたい他の総集編アニメと比べ4~5倍くらいでしょうか」と突出した成績を記録しているという。

   理由として、スクリーン数の多さを挙げた。他のアニメ総集編が100前後なのに対して、「鬼滅」は洋画超大作級の400スクリーン超になっているという。

「シネコン(シネマコンプレックス=複数の映画を同時上映できる複合型映画館)内のスクリーンが鬼滅で埋まる、もしくは1日中上映している、という環境ができます」

   よしひろ氏は、こう話す。実際、鬼滅に力を入れるシネコンでは上映回数が多くなっているという。集客機会は増え、順調に客足が伸びれば当然、収益増につながる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!