2024年 4月 14日 (日)

フェリシモの新レストラン「Sincro」 見て、聞いて、味わう「キッチンのある劇場」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   フェリシモ(神戸市)は、新レストラン「Sincro(シンクロ)」の発表会を2023年1月30日に本社ビルで行った。レストランは1月26日にオープンした。「食文化の新しい劇場」がコンセプトだ。

   発表会には日本料理を専門にするシェフ、中東篤志さんと崎楓真さん、酒井研野さんらが登壇。直接料理の説明、また提供する様子を再現した。

  • 料理を提供する様子、左奥にタブレットが見える
    料理を提供する様子、左奥にタブレットが見える
  • カウンターからのキッチンが見える
    カウンターからのキッチンが見える
  • 左からシェフの酒井研野さん、中東篤志さん、崎楓真さん
    左からシェフの酒井研野さん、中東篤志さん、崎楓真さん
  • 店内の様子
    店内の様子
  • 「冬の裏六甲」
    「冬の裏六甲」
  • 「蕪(かぶ)のみぞれ仕立」
    「蕪(かぶ)のみぞれ仕立」
  • 「鶏のあられ揚げ」
    「鶏のあられ揚げ」
  • テーブルからは神戸港が一望できる
    テーブルからは神戸港が一望できる
  • 料理を提供する様子、左奥にタブレットが見える
  • カウンターからのキッチンが見える
  • 左からシェフの酒井研野さん、中東篤志さん、崎楓真さん
  • 店内の様子
  • 「冬の裏六甲」
  • 「蕪(かぶ)のみぞれ仕立」
  • 「鶏のあられ揚げ」
  • テーブルからは神戸港が一望できる

日本料理は季節感が大切

   シンクロは「キッチンのある劇場」として、料理人によるマイクを使った説明や、客席に設置されたタブレットから流れるオリジナル動画、料理の情報が詰まったメッセージカードが提供される。劇場で披露される演目が変わるように、一定期間ごとに、レシピの考案者や、料理カテゴリーコースコンセプトなどを一新する。

   5月上旬まで提供が予定されている現在のコースメニューは、日本食が中心だ。レシピは中東さんと崎さん、酒井さんが考案した。期間中に3人がキッチンに立つことはないが、シンクロのエグゼクティブシェフを務める北川理映子さんが中心となって、提供していく。

   日本料理は季節感を大切にする。そこで今後は、メニューが少しずつ変わっていく。現在提供されている「蕪(かぶ)のみぞれ仕立」も蕪の季節が終わると、新しい季節を楽しめる食材に変更される予定だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!