2024年 3月 1日 (金)

ChatGPTでツイッター作りました 指示を重ねて「本家」顔負けのアプリに

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   チャット型AI(人工知能)「ChatGPT」が、話題だ。さまざまなジャンルの質問にテキストで回答する。指示によっては自動でプログラミングを行い、プログラミング言語で構成されたコードを生成できる。

   ChatGPTを活用した、ユニークないろいろな試みが出てきた。そのひとつが、プログラミング機能を使い、ツイッターに類似したアプリを開発する動きだ。

  • AIでツイッターの代わり作れる時代?
    AIでツイッターの代わり作れる時代?
  • AIでツイッターの代わり作れる時代?

コードを生成、エラーも修正

   日本では2022年12月上旬、ChatGPTでツイッターに類似したウェブアプリを作ったとのツイートが話題になった。この人物は、アプリ開発を支援するサービス「React」やプログラミング言語「TypeScript」を用いてツイッターのようなアプリを作ってほしいと、ChatGPTに指示。詳しいやりとりの様子を写したスクリーンショット画像を、ツイッターに投稿した。

   ChatGPTはユーザーの指示に従い、ツイッター風のウェブアプリを実行できるコードを生成していく。ユーザーは都度、発生してしまったエラーの修正や、本家ツイッターのように140文字の字数制限の設定をコードに追加できないかChatGPTに要求を重ねる。

   AIとユーザーの対話を通して、最終的には文字を入れて「Tweet」ボタンを押すとつぶやきを送信でき、そのツイートが一覧表示される簡素なウェブアプリが完成した。

   ほかにも2022年12月から23年2月にかけてChatGPTを使い、ツイッター風アプリを作れないか試したとする投稿が3件見つかった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!