2024年 3月 4日 (月)

卵が足りない!鳥インフルでピンチ 大戸屋、ガスト、「白い恋人」までも

   世界的に拡大している「鳥インフルエンザ」の影響で、鶏卵原料の不足が発生している。製品の原料に鶏卵を使っている企業では、運営する飲食店での一部メニューの提供や商品販売を中止するケースが複数出ている。

   ファミリーレストラン「ガスト」や中華料理チェーン「バーミヤン」を運営する「すかいらーくホールディングス」は2023年2月10日、卵を使った一部商品の販売休止を発表した。

  • 企業が鶏卵不足による販売休止を相次いで発表 (写真はイメージ)
    企業が鶏卵不足による販売休止を相次いで発表 (写真はイメージ)
  • 企業が鶏卵不足による販売休止を相次いで発表 (写真はイメージ)

卵無料サービスが休止に

   すかいらーくの発表によると2月16日から、「ガスト」では「チョコバナナとマスカルポーネのパンケーキ」やトッピングの「目玉焼き」「温泉卵」などを、バーミヤンでは「天津チャーハン」「天津飯」を販売休止とする。

   同社が運営するしゃぶしゃぶ専門店「しゃぶ葉」については2月13日から「本格すき焼きだし」に付属する卵の無料提供サービスを休止。希望する客には、1個55円(税込)で提供するという。

   洋菓子「白い恋人」で知られる石屋製菓(札幌市)は1月23日、鳥インフルエンザによる鶏卵不足により、白い恋人などの一部商品の生産数の維持が難しく、品薄となる見込みだと発表。同社ECサイト「イシヤオンラインショップ」では、白い恋人や「サク ラング・ド・シャ」について販売休止にするとした。

   定食チェーン「大戸屋」も2月13日、鶏卵供給の滞りにより2月15日からメニュー「大戸屋風チキン南蛮」を販売休止にすると発表。再販売時期は未定とのことだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!