2024年 5月 31日 (金)

モバイルノートPC「dynabook R9&R8」 AIアシストで画質と音質を最適化

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   パソコン(PC)「dynabook(ダイナブック)」シリーズを手がけるDynabook(東京都江東区)は、モバイルノートPC「dynabook R9/R8」の2モデルを2023年2月17日から順次発売する。

  • スタイリッシュなボディに使える機能を満載
    スタイリッシュなボディに使える機能を満載
  • スタイリッシュなボディに使える機能を満載

13.3型並みの薄型軽量

   いずれも、縦横比16:10の14.0型WUXGA(1920×1200ドット)液晶ディスプレーを搭載しながら、13.3型並みの薄型軽量ボディーを実現。カラーは黒の品格と青のカジュアル感を併せ持ったダークテックブルーを採用する。筐体カバーとヒンジキャップを一体化させることで、シンプルかつ美しいデザインを実現した。

   第13世代インテル「Core i7-1360P」CPU(プロセッサー)の搭載と、冷却・筐体設計・高速化処理などの技術を統合した独自の「dynabookエンパワーテクノロジー」などにより高いパフォーマンスを発揮。動画の編集や複数アプリケーションの併用など負荷の大きい作業もスムーズに行える。

   「Wi-Fi 6E」規格に準拠し、5GHz/2.4GHz帯に加え新たに開放された6GHz帯の周波数を使用することで、電波干渉や混雑、遅延の少ない安定した通信が可能だ。

   小型のカメラモジュールの採用により、ディスプレー部の狭額縁設計を実現。カメラの映像からAI(人工知能)が人を識別し、背景フィルターや明るさの自動補正、顔位置の調整を行い"カメラ映り"を最適化する「AIカメラエフェクター」。周囲のノイズを抑えユーザーと相手の声を聞き取りやすくする「AIノイズキャンセラー」などの機能を搭載。オンライン授業やウェブ会議などが快適に行える。

   そのほか180度開くディスプレー機構やスマートフォンとの連携など、プライベートやビジネスシーンにも活用できる多彩な機能を実装する。


   共通の主な仕様は、OSが「Windows 11 Home」(64ビット)をプレインストール。内蔵ストレージは512GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)。オフィスアプリケーション「Microsoft Office Home & Business 2021」を同梱する。

   上位モデル「dynabook R9」はメモリー32GB、バックライト付きキーボード、4スピーカーなどを搭載。スタンダードな「dynabook R8」はメモリー16GB、ステレオスピーカーなどを搭載する。

   いずれも価格はオープン。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!