2023年 4月 1日 (土)

高田馬場「とんかつ なりくら」閉店 「行列できる人気店」も現店主の独立で

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都新宿区のとんかつ店「とんかつ なりくら高田馬場店」が2023年2月27日に閉店する。もともとは2010年に漢字表記の「成蔵」という名前でオープンし、行列ができる人気の店として利用者の間で知られてきた。

   ツイッター上では、同店を利用したことのあるユーザーから「ショック」「残念です」との反応が出ている。

  • 名店発祥の地にある「なりくら高田馬場店」が閉店に (画像は株式会社なりくら)
    名店発祥の地にある「なりくら高田馬場店」が閉店に (画像は株式会社なりくら)
  • 名店発祥の地にある「なりくら高田馬場店」が閉店に (画像は株式会社なりくら)

最後は創業者が営業

   閉店は、「成蔵」の創業者・三谷成藏氏が代表取締役を務める株式会社なりくら(東京都杉並区)が2月14日に発表した。

   発表によると、三谷氏が2010年に高田馬場にオープンした「成蔵」は、「とんかつの概念を変えた」と言われる、衣が白いとんかつを提供し人気を博した。2019年に三谷氏は弟子に営業を譲り、このときに店名はひらがな表記の「なりくら」へと変わった。

   三谷氏自身は2019年の7月、杉並区の南阿佐ヶ谷に新たに「とんかつ成蔵」をオープンし、店主を務めている。

   そして「とんかつ なりくら高田馬場店」は現店主が独立することとなり、2023年2月27日をもっての閉店が決定。現店主による営業は、2月19日が最後となる。2月20日~24日の間同店は休業し、25日~27日には三谷氏が店主を務め漢字表記の「成蔵」として最終営業を行うという。

   今後は「とんかつ なりくら高田馬場店」のあるテナントで新業態の飲食店を展開予定とのこと。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!