2024年 2月 21日 (水)

70年代WRCを席巻 ラリーカー「ランチア ストラトスHF」を組み立てる

   分冊百科を手がけるアシェット・コレクションズ・ジャパン(東京都新宿区)は、ラリーカー「ランチア ストラトスHF」を組み立てられるマガジンシリーズ「週刊 ランチア ストラトスをつくる」を2023年2月22日に創刊。全国の書店などで販売する。

  • WRC史上に燦然と輝くモンスター「ストラトスHF」が精巧なモデルカーに
    WRC史上に燦然と輝くモンスター「ストラトスHF」が精巧なモデルカーに
  • WRC史上に燦然と輝くモンスター「ストラトスHF」が精巧なモデルカーに

73年モンテカルロのムナーリ車を精密に再現

   毎号付属するパーツを組み立てることで、70年代のラリー界で活躍した同車の1/8スケール、全長46.4センチのモデルが完成する。

   ベルトーネのデザインによる美麗なフォルムのボディに、フェラーリ ディーノのV6エンジンを搭載し、WRC(ワールド・ラリー・チャンピオンシップ)草創期の様々なコースを席巻。74~76年にはマニュファクチャラーズタイトルを3年連続で獲得した。

   本シリーズではサンドロ・ムナーリが搭乗した登録番号「TO M54374」、10番のゼッケンが付いた73年の開幕戦、ラリー・モンテカルロのディテールを再現。前後ハッチの開閉や脱着可能なライトポッドカバー、ホイールとタイヤ、コクピットやエンジンまでを精密にモデル化している。

   コクピットのメーターパネルやヘッドライト、ライトポッドなどが点灯するほか、フロントの車輪はステアリングと連動して左右に操舵できるなどの各種ギミックを備える。ライトの点灯やエンジン音、クラクションなどはコントローラーで操作可能だ。


   マガジンでは、メーカーのランチアや同車を巡る伝説の物語などを深く掘り下げる。カーレースやラリーに熱狂した往時の歴史的背景や、古今の傑作車、名ドライバーたちのエピソードなども紹介する。

   なお定期購読の申込者全員に、1/43スケールの同車のミニカー、特製のパーツボックスなどの特典を用意する。

   価格は創刊号299円、第2号以降1999円。第82号はメインボディ提供のため4998円(全て税込)。刊行号数は全110号の予定。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!