2024年 4月 23日 (火)

「メタバース美術館」でNFT展示 名古屋造形大の学生が制作した47点

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   伊藤美藝社製版所(愛知県名古屋市)は、自社で制作したメタバース(仮想空間)美術館「クリアミュージアム」を名古屋造形大学に無償提供し、NFT(非代替性トークン)作品を展示している。2023年2月15日に発表した。この展示は、同大学が2022年12月に開催した「名古屋造形大学 情報表現領域展」をメタバースで再現したものだ。

  • 鳥居を連想させる空間
    鳥居を連想させる空間
  • 落ち着いた空間で鑑賞できる
    落ち着いた空間で鑑賞できる
  • 鳥居を連想させる空間
  • 落ち着いた空間で鑑賞できる

最大200点飾れる空間

   「クリアミュージアム」は、ウェブサイトで作品を展示できるoncyber(オンサイバー)というサービスを利用して作られ、最大200点のデジタルアートを配置できる。

   33人の学生が制作した作品47点をNFT化し、「イラストレーション」「絵本」「デジタルイラストレーション」の3テーマに分けて飾られている。

   サイト上で、誰でも無料で鑑賞可能だ。ミュージアム内は自由に見て回ることができ、作品に近付くと詳細が表示される。2月16日時点で、終了予定日時は未定。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!