2024年 5月 23日 (木)

北朝鮮ミサイル「厳重抗議」効果さっぱり 「北京の外交ルート」その実体 

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   北朝鮮がミサイルを打ち上げるたびに、日本政府は「厳重に抗議」している。しかし、さっぱり効果がない。「北京の外交ルート」を通じての抗議とされているが、具体的にはどんな方法で、どう抗議しているのか。

  • まさかファクス1枚送って終わり、ではないだろうが…(写真はイメージ)
    まさかファクス1枚送って終わり、ではないだろうが…(写真はイメージ)
  • まさかファクス1枚送って終わり、ではないだろうが…(写真はイメージ)

国会でも議員が質問

   朝日新聞は2019年10月8日、「北朝鮮へ抗議する唯一の手段 『北京大使館ルート』の謎」という記事を公開している。

   それによると、「北京の大使館ルート」とは、第三国である中国・北京にある日本大使館と北朝鮮大使館の間でのやりとりを指す。国交のある国であれば、日本にある相手国の大使館関係者を外務省に呼んだり、相手国政府と現地の日本大使館との間でやりとりしたりできる。だが、北朝鮮とは国交がなく、日本にも北朝鮮国内にも双方の大使館はないため、伝達手法は限られる。

   唯一の方法が、「北京の大使館ルート」というわけだが、実際にどんなやり取りをしているのか。

   立憲民主党の逢坂誠二議員が2018年4月、国会に「政府の北朝鮮への抗議ルートに関する質問主意書」を提出している。

   「どのような形で日本政府が北朝鮮に抗議を行っているかについては、国民は知り、その実効性を判断し、国政選挙などの際の投票判断の材料にする立場にある。政府の北朝鮮への抗議ルートについて確認したい」との趣旨で、過去の抗議が具体的にどういう形でおこなわれたのか、問いただしている。

   政府の回答は、「お尋ねについては、在中華人民共和国日本国大使館を通じて行ったが、これ以上の詳細については、今後の対応に支障を来すおそれがあることから、お答えを差し控えたい」と、にべもない。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!