2024年 6月 15日 (土)

秋葉原「ラジオガァデン」 昭和の商業施設からまた1店消えていく

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京・秋葉原の万世橋エリア。JR中央線高架下の一角に、「ラジオガァデン」という古びた商業施設がある。閉じたままのシャッターが目立つが、その中でも営業を続けてきた会社の店舗が閉店する。プラスチック製品や電気絶縁材の加工・販売を手掛ける、萩原電材の店だ。

   2023年2月20日現在、店頭には「閉鎖」を告げる貼り紙が掲示されている。3月末で「神田営業所」を閉鎖予定で、在庫処分セール中とのこと。

  • 秋葉原のレトロな施設「ラジオガァデン」
    秋葉原のレトロな施設「ラジオガァデン」
  • 萩原電材の「神田営業所」に掲示されている閉店告知
    萩原電材の「神田営業所」に掲示されている閉店告知
  • 秋葉原のレトロな施設「ラジオガァデン」
  • 萩原電材の「神田営業所」に掲示されている閉店告知

竣工から73年で老朽化

   萩原電材公式サイトによると、同社は1953年にラジオガァデンに材料販売店として創業。66年に東京都文京区へ本社工場を移し、「萩原電材株式会社」を設立した。以降、本社工場と秋葉原店(神田営業所)の2か所で事業を営んできた。

   創業当初は、ラジオなど電気製品を作る客が多かったため、絶縁体として電子工作に用いられる樹脂材「ベーク板」やパイプを販売。66年からは、プラスチック加工を行なうようになった。2023年2月20日現在も、プラスチック材の加工やケーブルやトランス(変圧器)といった電子部品を販売している。

   同社の公式ブログとみられるサイトもある。2月1日付の投稿で「神田営業所、閉鎖のお知らせ」と題して閉店を告知している。

   それによるとラジオガァデンは今年で竣工から73年を迎える建物であり、老朽化が顕著に。2018年には、ほかの入居者が一斉に退去したのだという。

   またラジオガァデンの施設環境は「エアコンも無く、夏暑く、冬も寒い」と厳しく、経営者の判断により、創業した1953年から70周年の節目、つまり今年での閉鎖を決断したとこのとだ。あくまで営業所が閉鎖するもので、「本社業務に関してはこれまで通り変更はございません」とある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!