2024年 2月 28日 (水)

小柄だけど歌声はビッグスケール シンガーソングライター「mame」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

【連載】DJ Nobbyの「未来のスターがやってきた」

若手アーティストを熱く応援する音楽バラエティーラジオ番組「DJ Nobby's Tokyo LIVE!!」のメインパーソナリティー、DJ Nobbyさんによる新連載。全国放送の同番組に出演した「近未来のトップアーティスト」の素顔を紹介します!明日にも人気沸騰する逸材が登場するかも...?

   DJ Nobbyです。第18回のゲストは、ギター弾き語りで活動するシンガーソングライター「mame」さんをお招きしました!

  • (右から)mameさん、番組コーディネーターのぴんくさん、DJ Nobby
    (右から)mameさん、番組コーディネーターのぴんくさん、DJ Nobby
  • (右から)mameさん、番組コーディネーターのぴんくさん、DJ Nobby

就職するも「働いてる間も歌詞が頭に」

   身長147センチで、仲の良い友人から「お豆」と呼ばれていたことから、活動名を「mame」に決めたという、今回のお客様。事前に受け取っていた楽曲を聴いてから収録に臨んだのですが、当日スタジオで初めてお会いして、びっくり。スケールの大きな歌声からは想像できないほど、小柄な女性だったのです。

   mameさんが音楽と関わったきっかけは、小学校の頃にあります。地域の児童館で組まれていたバンドに、友人に誘われてベース・コーラスとして加入したことです。コピーバンドだったので、「GO!GO!7188」などをカバーしていました。

   中学生の頃は、音楽活動は一時休止していたものの、また音楽をやりたくなって高校の軽音楽部に入部。ここでもバンドのベースとして活躍します。

   高校卒業後は一般企業に就職したものの、「働いてる間も歌詞が頭の中に出てきてしまう」状況が続き、働きながら音楽を続けることを決意。仲間と時間を合わせるのが難しかったため、ボイトレに通いつつソロ弾き語りとして始めた活動が、現在につながっています。

   番組コーディネーターのぴんくさんは、mameさんと出会った当時を振り返って

「本人にも伝えたことがあるけれど、初めて演奏を聴いたときはあまり印象に残らなかった。良いアーティストだな、と」

と言います。ただ、それからおよそ2年後に改めてライブを聴いたときには、「すごく良いアーティストだ!」と、大きく印象が変わったんだとか。「新鮮な驚きというか、同じアーティストだとは思えないほどの変化があった」そう。

   その2年間について、mameさんは「音楽の方向性自体は変えていないけど、やっぱり場数を踏んで大きく成長させてもらったんだと思う」と回想しています。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!