2024年 2月 28日 (水)

鳥インフルエンザに11歳の少女が死亡 人から人への感染が心配になる

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   鳥インフルエンザが世界で猛威を振るっている。人間にはうつりにくいとされているが、すでに海外では感染者も出ているうえ、カンボジアでは少女が死亡した。世界保健機関(WHO)は警戒を強めるように呼び掛けている。

  • 日本ではまだ、人への感染例は確認されていない
    日本ではまだ、人への感染例は確認されていない
  • 日本ではまだ、人への感染例は確認されていない

家族内などの濃厚接触で起きる可能性

   今シーズンの鳥インフルエンザは、22年7月以降、世界各地で多発。日本では23年2月10日までに、約1362万羽の採卵鶏が殺処分の対象となった。これは、全国の飼養羽数の約1割に達し、鶏卵価格の値上がりや、卵関連食品の生産抑制など、国民の食生活にも影響を与えている。

   そうしたなかでWHOは2月24日、カンボジアで11歳の少女がH5N1型の鳥インフルエンザに感染し、死亡したことを公表した。

   時事通信によると、少女の父親も感染が確認されており、カンボジアの当局はWHOと緊密に連携して感染状況の調査を進めている。

   鳥インフルが人から人に感染するのはまれだが、家族内などの濃厚接触で起きる可能性はあると考えられている。WHOの当局者は、カンボジアのケースが「人から人への感染かを判断するのは時期尚早だ」と述べているという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!