2024年 6月 19日 (水)

意外と知らない「生理中の正しい入浴方法」 湯船に浸かって温まろう

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ドリームズ(東京都新宿区)は2023年2月27日、公式オンラインショップで、生理の悩みに寄り添うバスパウダー「MONTHLY FRIEND」の先行受注を開始した。

   発売に合わせて同社は、普段から湯船に浸かる習慣がある300人を対象に「生理中の入浴調査」を実施した。その結果、生理中の入浴について、認識にばらつきがあった。

  • 産婦人科医の宋美玄さん「生理中の入浴は、実はいいことがいっぱいあるんです」
    産婦人科医の宋美玄さん「生理中の入浴は、実はいいことがいっぱいあるんです」
  • 半数以上の人が、生理中に湯船に浸からない。
    半数以上の人が、生理中に湯船に浸からない。
  • 産婦人科医の宋美玄さん「生理中の入浴は、実はいいことがいっぱいあるんです」
  • 半数以上の人が、生理中に湯船に浸からない。

「シャワーのみ」が最多

   生理中に湯船に浸かることは「体に良いと思う」と回答した人が、全体の39.7%だった。これに対して、「わからない」と回答した人は46.7%となった。

   生理中の入浴方法では、「シャワーのみ」が54.0%と最多。入浴自体を控える人も合わせると、56.3%の人が生理中に湯船に浸からないことが調査から明らかになった。

   産婦人科医の宋美玄さんは発表資料のなかで、「入浴で血流が良くなると、体が温まって痛みが緩和されます」とコメント。また、「生理中はむしろ浴槽にゆっくり浸かってリラックスしていただきたい」とした。

   調査はインターネットで行われ、対象となった300人は、20~40代女性。実施期間は2022年8月10日~15日だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!