2024年 3月 1日 (金)

マグロ解体ショー、タイを豪快にさばく 埼玉のスーパーでユニークイベント

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   マグロの解体ショーにタイ丸ごとさばき、ホールチキンは丸ごと解体――。「生活クラブ生活協同組合・埼玉」のスーパー「デポー越谷」(埼玉県越谷市)で2023年3月3日から、こんな豪快な企画が始まった。

   これは同スーパーの一周年感謝イベントの一環。ほかにも、パンの詰め放題や試食・試飲ブース、来店プレゼントなど盛りだくさんだ。

  • 「目にアイシャドーがあるのはメス」とタメになる解説が
    「目にアイシャドーがあるのはメス」とタメになる解説が
  • 「目にアイシャドーがあるのはメス」とタメになる解説が

チキンもタイも「捨てるところほぼなし」

   J-CASTトレンド記者が「デポー越谷」を訪れたのは、イベント初日の3日。試食ブースでは生産者が実際に立ち、同店で販売している製品を使った料理や飲料を提供していた。11時前には来場者も多く、にぎわいを見せていた。

サラダドレッシングを使った鶏の炒め物
サラダドレッシングを使った鶏の炒め物

   記者は、焼きそばやサラダドレッシングを使った鶏の炒め物、地元・埼玉の企業「小島米菓」のせんべいを試食。直接、レシピのコツや製品のこだわりなどが聞けた。

焼きたてで温かいせんべいを試食
焼きたてで温かいせんべいを試食

   サラダドレッシングを使った鶏の炒め物は、余ったドレッシングの活用法として試食販売しているという。また、せんべいの素材のこだわりを聞きながら、目の前ではせんべいを焼き、しょう油をつけ、また焼くといった光景が見られた。

タイをさばく様子
タイをさばく様子

   店内ではホールチキン(丸鶏)の解体販売と、タイをさばく様子を見学。タイはウロコを剥がすところから始まり、部位別に解体していく鮮やかな手さばきが見られる。担当者によると、タイは捨てるところがほとんどない。頭や骨などもあら汁として活用できるため販売しているという。

ホールチキンの解体の様子
ホールチキンの解体の様子

   チキンの解体は、実は機械化されているそうだ。「手で解体は珍しい」との話。解説をしながら作業を進めてくれる。タイと同様チキンも捨てるところがほとんどなく、鶏ガラも販売している。

   これらの「解体ショー」は、実は定期的に開催している。行うたびに関心を持って見学する人は多く、そのまま購入していく客も珍しくないそうだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!