2024年 2月 24日 (土)

「ミカン」がまるごとグミに! 本物「ミカン」とジュースと食べ比べたら...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   カンロが販売中の「リ ミカングミ」は、ミカンそのまま!? 同社の発表資料によると、「清見ミカン」搾汁時に残る繊維質「清見パルプ」と、「清見ミカン」の果汁を使用している。つまり、ミカンがまるごと使われたグミだ。

   繊維質まで入っているなら、それはもう「ミカン」なのではないか。J-CASTトレンド記者は、「リ ミカングミ」と、ミカンを使った加工食品とを食べ比べてみた。

  • 48g入り・600円(税込み)
    48g入り・600円(税込み)
  • 48g入り・600円(税込み)

想像以上に「ミカン」

   まず、「リ ミカングミ」をいただく。しずくのような形で、白く細かい粒子に覆われている。「清見パルプ」があるようには見えないが、噛めばミカンの繊維を感じられるだろう。そう思い、口に放り込む。すると、滑らかで柔らかい食感に、ミカンの甘味と香りが一気に広がった。

   結構「ミカン度」が高い...。フルーツポンチなどによく使われている「シロップ漬けのミカン」が、一番似ている味のような気がした。そこで、比較対象には以下を選んだ。

・シロップ漬けのミカン
・マンダリンオレンジジュース

   本来なら「ポンジュース」といった、みかんジュースが適切だが、記者が回ったスーパーやコンビニでは見つけられなかったため、代わりに、ミカン属に分類される「マンダリンオレンジ」の果汁100%ジュース「マンダリンオレンジジュース」としている。

trend_20230302190712.jpg
比べてみると...

   いさ、食べ比べ。想像以上に、シロップ漬けミカンにそっくりだ。違いをあげるなら、食感だけにも思える。一方、ジュースには砂糖が入っていないこともあり、グミのほうが甘い。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!