2024年 5月 30日 (木)

モスバーガー「フレンチフライポテト」に「M」サイズ 価格改定に合わせて

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の商品価格が、一部店舗を除いて2023年3月24日に改定される。モスフードサービスが3月6日に発表した。例として、メニューの「チーズバーガー」は270円(税込、以下同)から280円に、「モスバーガー」は410円から440円へ変更する。

   「フレンチフライポテト」も価格を変更。これに合わせ、「M」サイズが新たに登場する。

  • モスバーガーの「フレンチフライポテト」も3サイズで提供(画像はモスバーガー公式サイトから)
    モスバーガーの「フレンチフライポテト」も3サイズで提供(画像はモスバーガー公式サイトから)
  • モスバーガーの「フレンチフライポテト」も3サイズで提供(画像はモスバーガー公式サイトから)

「なぜMサイズが無いんだ」という声

   モスバーガーでは長らく、「フレンチフライポテト」では小さいサイズの「S」と、大サイズ「L」の2種類を販売してきた。3月24日からは「M」サイズが新登場し、3サイズでの提供となる。

   モスフードサービス広報に取材した。フライドポテト商品で、他のファストフード店ではS・M・Lの3種類が提供されているなか、モスバーガーには「なぜMサイズが無いんだ」という声が利用者から寄せられていた。こうした指摘をきっかけに、今回の価格改定に合わせてMサイズを新設したとの話だ。

   また今回の価格改定では、これまでの販売動向などから、フレンチフライポテトの「S」は内容量を減量のうえ250円から240円に値下げ。「L」では量を増やして330円から360円に値上げする。「S」の量はより少なく、「L」はより多くなるのだ。

   このような背景から、新たな選択肢として中間の「M」サイズを用意する必要性が高まったことも新設理由のひとつだと語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!