2024年 6月 16日 (日)

PayPayドームの座席もらえる 内野席で観戦を支えてきたシートを自宅に

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   福岡ソフトバンクホークスは、PayPayドーム開業30周年を記念して、球場の座席を抽選で1人に贈るキャンペーンを2023年4月2日まで開催している。座席は専用の台座にセットされた状態で当選者に届く。

   企画について、福岡ソフトバンクホークス広報室の水上裕之さんに取材した。

  • 自分専用の応援席
    自分専用の応援席
  • 専用の台座にセットされて届く
    専用の台座にセットされて届く
  • 自分専用の応援席
  • 専用の台座にセットされて届く

「予想以上の反響」に驚き

   キャンペーンは、同社が提供するゲームアプリ「座席コレクション」で、座席を1つでも獲得していれば、アプリ内から応募できる。「座席コレクション」は、PayPayドームの座席を集め、コレクションを作るゲームだ。

   ゲーム内で座席を獲得する方法は複数ある。PayPayドームで観戦したチケットのQRコードを読み込むか、「おうちで集める」機能を使えばランダムで1席獲得できるので、アプリをインストールしてすぐに応募できる。

   水上さんによると、ドーム開業30周年とアプリ「座席コレクション」リリースのタイミングがキャンペーンのきっかけだ。「他で行われていない企画ということで、PayPayドームで使用していた本物の座席をプレゼントすることに決めました」。

   対象となる座席は、破損や劣化等で使えなくなった椅子から使えるパーツを選別し、複数組み合わせて1つの椅子を作り上げたもの。そのため、座席部分は「307」、右のひじ掛けは「26」、左は「1」の刻印がある。

   それぞれ「何年もの間、内野席の座席として、お客様の観戦を支えてきた座席」だという。

   キャンペーンは、3月4日に開始してから2日間で700を超える応募があり、水上さんは「予想以上の反響でとても驚いています」とコメントした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!