2023年 6月 4日 (日)

メタバースで「大阪駅(うめきたエリア)」先行体験 アバターで歩き回れる

   JR西日本は、2023年3月18日に「大阪駅(うめきたエリア)」を開業予定だ。新たな地下ホームが稼働し、東海道線の支線やおおさか東線が乗り入れる。これに先がけ、大阪駅(うめきたエリア)を再現したバーチャル空間が、スマートフォン向けのメタバースプラットフォーム「REALITY(リアリティ)」で3月8日にオープンした。

   名称は「バーチャル大阪駅 うめきたワールド」。「顔認証改札機」に「フルスクリーンホームドア」と、実物の開業より早く体験可能だ。

  • 「バーチャル大阪駅 うめきたワールド」
    「バーチャル大阪駅 うめきたワールド」
  • 「顔認証改札機」をくぐると写真撮影、サイネージにアバターが表示される
    「顔認証改札機」をくぐると写真撮影、サイネージにアバターが表示される
  • 「フルスクリーンホームドア」もバーチャル上に出現
    「フルスクリーンホームドア」もバーチャル上に出現
  • 乗降口に合わせて透明扉だけでなくサイネージ部分もスライドする
    乗降口に合わせて透明扉だけでなくサイネージ部分もスライドする
  • 「バーチャル大阪駅 うめきたワールド」
  • 「顔認証改札機」をくぐると写真撮影、サイネージにアバターが表示される
  • 「フルスクリーンホームドア」もバーチャル上に出現
  • 乗降口に合わせて透明扉だけでなくサイネージ部分もスライドする

「顔認証改札機」を通ると

   「顔認証改札機」は、乗車券をかざさなくとも利用者の顔を識別し入退場ができる。事前に定期券の情報と顔写真を登録すると、「顔パス」で通れる仕組みだ。「大阪駅(うめきたエリア)」で、3月18日から実証実験を開始する。

   また「フルスクリーンホームドア」は、ホームと軌道部分を完全に隔離する。透明な扉が、停車した列車の乗降口の位置にあわせて自由自在にスライドして開く。

   REALITY版大阪駅(うめたきエリア)は作りこみが細かく、改札の内外やホーム、ホームに至るまでの階段などをアバターで歩いて体験できる。

   近未来的な雰囲気の「顔認証改札機」をアバターで通過すると、写真撮影が行われ、駅構内に設置されたサイネージに撮影した画像が映し出されるギミックが搭載されている。

   ホームに降りてしばらくすると、列車が到着。フルスクリーンホームドアが開閉する様子を楽しめる。

   JR西日本の発表によると、「バーチャル大阪駅 うめきたワールド」の公開は4月23日まで。期間中REALIYのアバター用アイテムの販売やプレゼントキャンペーンを予定している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!