2024年 2月 29日 (木)

世代間ギャップを埋める「死語」の付箋とシール ライオン「しごとぶんぐ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ライオン事務器は、今は使われなくなった言葉「死語」をモチーフにした付箋とシール「しごとぶんぐ」を2023年4月5日に発売する。ハンズ各店およびロフト一部店舗では3月21日から先行発売。

  • 付箋4種、シール2種
    付箋4種、シール2種
  • 付箋4種、シール2種

気軽なやり取りの機会に

   多様な働き方が増える中、職場における先輩後輩間のコミュニケーションや言葉遣いにギャップが生まれ、驚きや面白さを感じている人が多いことから開発した。「仕事文具」「死語と文具」をかけたネーミング。「バッチグー」「お先にドロンします」など今は使われなくなった言葉を、シンプルかつシュールな絵柄と共に表現した。

   付箋は1冊に3つの絵柄がセットになっている。ラインアップは4種類で473円。シールはイラスト・死語が各6つで1シート。ラインアップは2種類で275円。

   価格はいずれも税込み。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!