2024年 3月 1日 (金)

堀江貴文氏「HORIE MOBILE」始動 「Web3.0」に進出、トークンがカギに

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   実業家・堀江貴文氏の名前を冠する携帯電話回線ブランド「HORIE MOBILE(ホリエモバイル)」が誕生した。格安携帯キャリア「X-Mobile」を展開するエックスモバイル(東京都港区)と堀江氏がタッグ。MVNO(仮想移動体通信事業者)として、2023年3月16日からサービスを開始する。

   キャッチコピーに「未来に加速する、モバイル」を掲げる。割安な携帯電話回線サービスだけでなく、利用者に向けた独自イベントやコンテンツ配信を展開するという。3月8日、東京都内で記者会見を行なった。

  • 「HORIE MOBILE」のSIMカードを手に取る堀江貴文氏(右) 左はエックスモバイル代表木野将徳氏
    「HORIE MOBILE」のSIMカードを手に取る堀江貴文氏(右) 左はエックスモバイル代表木野将徳氏
  • 追加料金での電話かけ放題や端末補償サービス
    追加料金での電話かけ放題や端末補償サービス
  • HORIE MOBILEではWeb3.0領域のサービスも用意する
    HORIE MOBILEではWeb3.0領域のサービスも用意する
  • 「HORIE MOBILE」のSIMカードを手に取る堀江貴文氏(右) 左はエックスモバイル代表木野将徳氏
  • 追加料金での電話かけ放題や端末補償サービス
  • HORIE MOBILEではWeb3.0領域のサービスも用意する

「通信業界のLCC」へ

   「HORIE MOBILE」では月あたり20GB(ギガバイト)までデータ通信が可能で、5分間まで通話料がかからない電話かけ放題サービスを提供する。月額基本料金は3030円(税込)だ。通信回線はNTTドコモのネットワークを利用しており、大手キャリアと同じ通信環境を使用可能とのことだ。

   全国に363店あるエックスモバイルの実店舗で、機種の乗り換えや端末修理といった各種サポートを受けられる。月50GBまで拡張できるプランや、海外滞在時に使えるモバイルWi-Fi端末の提供も行う予定という。

   MVNOとは自社ではなく他社の回線を借り受け、通信サービスを提供する業者を指す。堀江氏は会見のなかで、初期のMVNOサービスは接続が不安定であったり回線速度が遅かったりするケースがあり、「安かろう悪かろう」というイメージがついてしまったと指摘する。

   近ごろはしっかりと通信品質が高まっているものの、MVNOという言葉にネガティブな印象があるため、HORIE MOBILEとしてはLCC(格安航空会社)になぞらえて「通信業界のLCCを目指す」と語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!