2024年 3月 4日 (月)

WBC初戦「視聴率」41.9% 過去大会、そしてサッカーW杯と比べたら

   「第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」で、日本代表「侍ジャパン」は1次ラウンド初戦、中国に8対1で快勝した。

   この試合は、TBS系で放送された。東スポWEBの2023年3月10日付記事によると、ビデオリサーチの調べで関東地区での平均世帯視聴率は、41.9%を記録したという。これは20時9分から放送された後半部分の数字で、18時からの平均世帯視聴率は30.2%だった。

  • 大谷翔平選手の活躍が気になる(写真:CTK Photo/アフロ)
    大谷翔平選手の活躍が気になる(写真:CTK Photo/アフロ)
  • 大谷翔平選手の活躍が気になる(写真:CTK Photo/アフロ)

2006年決勝は43.4%

   「41.9%」という数字がどれほど高いのか。過去のWBCの視聴率を見てみよう。

   初開催の2006年。決勝の日本-キューバ戦では43.4%(ビデオリサーチの年間高世帯視聴率番組から・放送時間270分)で、過去最高記録だ。放送時間の長さは異なるが、実はこれに次ぐ視聴率だったのだ。

   スポーツの国際大会は、高視聴率を記録するケースが珍しくない。ビデオリサーチ調べだと直近では、サッカーワールドカップ・カタール大会の日本-コスタリカ戦が、2022年の年間高個人視聴率番組で1位に、平均世帯視聴率でも42.9%(放送時間150分)という高い数字を出している。

   そこでWBCとW杯、2つのビッグイベントの過去視聴率を調べ、他の番組を含めた年間ランキングでの順位を見てみた。

   WBCの前回大会は2017年。最も高視聴率だった日本代表の試合は、3月14日の2次ラウンド・キューバ戦で、27.4%(放送時間188分)、全体の5位という結果に。

   W杯の前回は、2018年のロシア大会。日本のグループリーグ初戦、6月19日のコロンビア戦が、年間高世帯視聴率番組(放送時間67分)で1位になっている。平均世帯視聴率は48.7%だ。なお3位は、同じコロンビア戦の放送前半で、42.8%(同65分)となっていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!