2024年 4月 16日 (火)

佐々木朗希「3月11日」WBC登板へ 震災経験した「令和の怪物」が魅せる

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、日本代表「侍ジャパン」は中国、韓国に連勝し、好スタートを切った。2023年3月11日はチェコと対戦する。栗山英樹監督は、11日の先発は佐々木朗希投手と明言した。

   佐々木投手は岩手県陸前高田市出身。小学3年生だった2011年3月11日、東日本大震災で津波を経験し、父親と祖父母を亡くしている。その後も地元の岩手県で野球に取り組み続けた佐々木投手。震災から12年を迎える日、世界の舞台へ羽ばたくことになりそうだ。

  • 3月11日の登板が有力視されている佐々木朗希投手 (写真:CTK Photo/アフロ
    3月11日の登板が有力視されている佐々木朗希投手 (写真:CTK Photo/アフロ
  • 3月11日の登板が有力視されている佐々木朗希投手 (写真:CTK Photo/アフロ

グラウンド確保も困難だった

   2019年6月27日付サンスポ記事によると、被災した佐々木投手は陸前高田市から隣接する大船渡市に移住。小学校4年時に地元の「猪川野球クラブ」に加入した。

   震災後、多くのグラウンドには仮設住宅が立ち並び、練習場所の確保もままならなかった。河川敷や原っぱでボールを追った。たまにグラウンドを借りられたときには、徒歩40~50分の距離でも歩いていき、野球に励んだという。

   19年7月16日付NEWSポストセブンによると、中学は大船渡第一中に進学。軟式野球部に所属するも2年時には疲労骨折を理由に夏の大会(全国中学校体育大会)の出場を見送ることになるなど、けがやリハビリに泣かされた。

   高校は地元の県立大船渡高校。スポーツ報知2018年12月8日記事によると、強豪校ではなく地元公立校に進学したのには理由がある。プレーしていた大船渡一中や「オール気仙」のチームメートから、「みんなで大船渡に行こう」との声が上がったからだ

   この記事で、当時高2の佐々木投手は「地震で大変な思いをした仲間と頑張ることに意味があると思うし、地元に恩返しもしたい。地元を盛り上げたいという気持ちもあります」と答えていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!