2024年 5月 25日 (土)

「もうダメ...」直後にミラクルプレイ炸裂 「まじかるスピード」挑戦編が神回に

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

【女子ゲーマーが挑む「不朽の名作ゲーム」(36)】

   2023年2月9日放送のアーケードアーカイバーで挑戦が決まった18個目のタイトルは、1994年にアルュメが発売したトランプゲーム「まじかるスピード」。

   冒険の道中で出会うキャラクターたちと「スピード」で勝負し、先に手札・場札を出しきれば勝ち。連続でカードを出すと、「使い魔」が敵を妨害してくれる。速さが重要なのはいうまでもない。

   さて、今回出されたお題の復習だ。同作のニンテンドースイッチ「キャラバンモード」ランキングの、30位以内に入った上で、放送中に視聴者の前でプレイして、同様に30位以内のスコアを出さなければならない。

J子に出されたお題(画像2)
J子に出されたお題(画像2)

   放送中に確認したオンラインランキング30位のスコアは、27万1150点(2月15日時点では、30位のスコアは25万9300点だった)。J子が本番までに獲った自己ベストは、53万7450だ。猛者プレイヤーたちの並走によって、わずか1か月の間に30位のスコアが1万以上アップしている。キャラクターにただ勝つだけでは到底超えられない、高い壁だ。

   挑戦ステージは「練習」「ふつう」「むずかしい」から選ぶことができ、文字通り敵キャラクターの強さが変わる。ハイスコアを取るなら「練習」一択だ。こちらが連続でカードを出し続けると、それだけでスコアが飛躍的に伸びるため、相手キャラクターが弱い方が、途中で邪魔されるリスクが低い。一挙に30万近い点を目指すなら、9連続以上のコンボをつなげるのが望ましい。

   とはいえ、勝負は時の運。手持ちのカードに恵まれず、数が途切れ、連続で出しようがなかったり、思いがけないタイミングで相手に妨害されたりするので、「練習」ステージであっても常にハイスコアを獲るのは至難の業だ。

   ホームランか、三振か――。30位に食い込むなら、1戦目の時点で最低でも20万点は獲っておきたかったが、力及ばず1万8400点と大苦戦。今回はダメかもしれないとあきらめかけた直後、まさかのミラクルが起こり、屈指の伝説回に...!? (54:20~)

  • 「アーケードアーカイブス まじかるスピード」(c)2023 HAMSTER Co.
    「アーケードアーカイブス まじかるスピード」(c)2023 HAMSTER Co.
  • 「アーケードアーカイブス まじかるスピード」(c)2023 HAMSTER Co.

○女子ゲーマーが挑む「不朽の名作ゲーム」
ゲームメーカーのハムスターが毎週木曜日に「ニコニコ生放送」で放送する公式番組「アーケードアーカイバー」。ハムスターの濱田倫社長が繰り出す数々の「無理難題」に、操作方法すらままならないアーケードゲーム初心者・J子が七転八倒しながら挑む様子を、連載記事で紹介する。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!