2024年 3月 1日 (金)

「あずきバー」発売50周年でリニューアル 「硬さと味」どう変わった

   井村屋の「あずきバー」が発売50周年を記念して、リニューアルした。原材料が5種類から4種類になり、より「あずき」が濃くなるとのこと。

   「硬さ」に定評のある「あずきバー」。J-CASTトレンドは井村屋に取材し、リニューアルと硬さについて聞いた。

  • 左がリニューアル後の「あずきバー」、右がリニューアル前
    左がリニューアル後の「あずきバー」、右がリニューアル前
  • 並べてみても、違いがわからない(左・リニューアル前、右・リニューアル後)
    並べてみても、違いがわからない(左・リニューアル前、右・リニューアル後)
  • 左がリニューアル後の「あずきバー」、右がリニューアル前
  • 並べてみても、違いがわからない(左・リニューアル前、右・リニューアル後)

成分のリニューアルは30年ぶり

   リニューアル品は2023年3月13日以降、順次発売される。井村屋広報によると、13年前の前回リニューアルでは、パッケージのデザインと塩の種類を変えた。原材料表示を変更する大きなリニューアルは1993年以来、30年ぶりだという。この時は、着色料の使用をやめている。

   今回は、原料に使っていたコーンスターチを「あずきパウダー」に置き換えた。これにより、あずき、砂糖、水アメ、食塩の4種類と、よりシンプルな配合になった。

   広報によると、従来、コーンスターチを使い「とろみ」をつけていた。それにより、あずきバーを冷やして固めるときに、あずきが偏るのを抑えていたという。しかし、あずきパウダーにも同様にとろみをつける性質があるので、置き換えることを決めた。これにより、あずきの風味がよりアップしたと話す。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!