「東京」と「青森」でしか買えない!? 大人気りんごジュースが復活

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   行列ができる人気りんごジュース「青森りんご 世界一」が、約2年半ぶりに復活する。

   JR 東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー(東京都品川区)が、「acure」のオリジナル飲料ブランド「acure made」から、2023年3月28日に数量限定発売する。東京と青森の「りんご自販機」で購入できる。

  • 「青森りんごシリーズ」のみを販売する自販機「りんご自販機」で買える
    「青森りんごシリーズ」のみを販売する自販機「りんご自販機」で買える
  • 「青森りんごシリーズ」のみを販売する自販機「りんご自販機」で買える

セット購入なら「NewDays」でも見つかるかも!?

   「青森りんご 世界一」は、ストレート果汁100%で原材料はりんごのみ。ジュースに使われている品種「世界一」が、「誕生当初のサイズが世界一大きい」と言われたのが名前の由来だ。青森県内でも作付面積は全体の0.5%程度と、希少。

   リリースによると、2020年10月に数量限定で販売した際、東京駅と上野駅の「りんご自販機」には、同商品を求める行列ができた。通販限定ギフト1000セットは、販売開始から36分で完売。現在も、再販要望の声が届くという。

   今回の販売場所は、東京駅、上野駅、青森駅、新青森駅、弘前駅に設置された、りんご自販機計5台。280mlペットボトル入りで、330円(税込)だ。

   「青森りんご 世界一」単体での購入は、上記5台のみだが、JR東日本エリアにある一部の「NewDays」では、「青森りんご つがる」「青森りんご(ブレンド)」と飲み比べできる3本セットを、4月4日以降に数量限定販売。また、JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニーの公式ECサイトでは3月28日から、ケース販売や、ギフトセットの展開も予定している。

姉妹サイト