2024年 6月 15日 (土)

サウナで地球温暖化を感じる 暑さから逃げられないウミガメやペンギンの気持ち

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   NTTドコモは、ウミガメやペンギンなど6種の海の生き物が感じる暑さを体感できるイベント「海とつながるサウナ PRODUCED BY DOCOMO」を、2023年3月29日まで開催する。場所は、温泉施設「両国湯屋 江戸遊」(東京都墨田区)だ。

   3月23日は、世界気象機関(WMO)が1960年に定めた「世界気象デー」。そこでイベントでは、サウナを通して海の環境問題を知り、地球温暖化について考える。記者は実際にサウナで、真珠貝やペンギンが感じている暑さを体験した。

  • 海を感じるライトアップ(男湯)
    海を感じるライトアップ(男湯)
  • 水中も青く光る
    水中も青く光る
  • ミストサウナ 見てわかるむわむわ感
    ミストサウナ 見てわかるむわむわ感
  • サウナでサンゴに想いを馳せる(女湯フィンランドサウナ)
    サウナでサンゴに想いを馳せる(女湯フィンランドサウナ)
  • 「のれん」もオリジナル仕様
    「のれん」もオリジナル仕様
  • 海を感じるライトアップ(男湯)
  • 水中も青く光る
  • ミストサウナ 見てわかるむわむわ感
  • サウナでサンゴに想いを馳せる(女湯フィンランドサウナ)
  • 「のれん」もオリジナル仕様

サンゴとペンギンは高温90度

   現在「両国湯屋 江戸遊」では、温泉のほか3種類のサウナと2つの岩盤浴が常設されている。男女共通してフィンランドサウナがあり、さらに男湯には中温サウナ、女湯はミストサウナが楽しめる。岩盤浴は専用の衣服とタオルが貸し出され、男女共に利用できる。今回のイベントでは、計4つのサウナと2つの岩盤浴それぞれに合う海の生き物が選ばれ、各生き物が感じる暑さを体験できる。

   最も高温なのは、90度前後のフィンランドサウナだ。中に入った瞬間から、じんわりと汗をかく。男湯ではエンペラーペンギン、女湯ではサンゴが、それぞれの暑さを訴えかけている。「こんなに暑くても外気浴に出られません」と書かれた壁が、その場から動けないサンゴの厳しさを表す。

   記者が最も暑さを感じたのは、真珠貝の気持ちになれるミストサウナだった。温度は45度前後だが、扉を開けた途端に「むわっ」とした蒸気が全身を包み込み、思わず後ずさる。中には真珠をイメージしたような丸いライトが複数置かれ、青く発光している。数分ほどしかいなかったのに、ぐっしょり汗をかいてサウナを後にした。

   次に向かったのは岩盤浴。月光房はウミガメの、白珪房はホッキョクグマの暑さが体験できる。月光房はミネラルを多く含むピンク麦飯石(ばくはんせき)、白珪房は有機ゲルマニウムを多く含む遼寧石(りょうねいせき)を岩盤に使用していて、それぞれ寝転んでくつろげるので無理なく長時間滞在できそうだ。

   期間中は浴室内や洗い場に青いライトが取り付けられ、海の中にいるような気分が味わえる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!