2024年 5月 22日 (水)

WBC優勝トロフィーでかい!重い! ティファニー製12.7キロ、制作5か月

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で優勝した「侍ジャパン」には、大きなチャンピオントロフィーが贈られた。見るからに大きいうえに、とんでもなく重いという。

   日刊スポーツ2023年3月22日付記事によると、「試合後のセレモニーで大谷からトロフィーを受け取った栗山監督は『重いい』『重てぇ』と、その重量感にびっくり」。それもそのはず、このトロフィー、12.7キロ(kg)もあるのだ――。

  • 重さ12.7キログラム、高さ61センチのチャンピオントロフィー(リリースより)
    重さ12.7キログラム、高さ61センチのチャンピオントロフィー(リリースより)
  • 重さ12.7キログラム、高さ61センチのチャンピオントロフィー(リリースより)

米プロサッカーのトロフィーは約19.5kg

   トロフィーは、米高級ブランド「Tiffany(ティファニー)」が制作した。同社の発表資料によると、WBC初開催の前年、2005年からデザインを手掛ける。以来、同社の工房で職人の手作業で作りあげている。2023年大会はデザインを一新。約5か月かけて完成したという。

   ティファニーはWBCだけでなく、多くのスポーツ大会のトロフィーを作ってきた。

   米大リーグ(MLB)ワールドシリーズの優勝チームに授与される「コミッショナーズ・トロフィー」は2000年から担当し、重さは約9kgになる。全米プロフットボール(NFL)のスーパーボウルで、勝者に贈られる「ヴィンス・ロンバルディ・トロフィー」は、1967年の第1回大会以来デザイン、制作している。これは、ティファニーが公式サイトに重さを記載しているトロフィーの中では軽い方で、約4kgだ。

   同社サイトから確認できた中で最重量は、米プロサッカーリーグでチャンピオンを決める「MLSカップ」のトロフィーで、約19.5kg。反対に最軽量は、「TSCニューヨークシティマラソン」で授与されるもので、約910gだった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!