2024年 5月 29日 (水)

大谷翔平効果?「株価」爆上がり 一時は4倍の高値つけた企業のその後

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の興奮は、日本の株価にも影響した。選手や監督と同じ名字の会社が注目され、一時は株価が4倍になる爆騰銘柄もあった。しかし、こちらは利にさといマネーゲームの世界。侍ジャパンの優勝を待つ前に、下落し、早々とゲームセットになった。

  • 連日ストップ高となった銘柄も
    連日ストップ高となった銘柄も
  • 連日ストップ高となった銘柄も

連日ストップ高

   「大谷工業」は、電線の鉄塔の設計・加工などのメーカー。大谷翔平選手と社名がかぶっているが、何の関係もない。しかし、WBCが始まってから株価が急騰した。

   東京スポーツによると、2023年3月7日までは出来高も少なく4000円前半で推移していた。株価が動いたのは大会前日の8日。前日比460円高をつけると、8日には5000円をつけ、WBC関連株として、連日ストップ高で急上昇した。

   準々決勝前日の15日には1万6050円の年初来高値をつける爆騰となった。しかし、投資家の逃げ足は速い。

   17日には1万円割れし、22日の優勝直前にこそ再び1万円台に回復するご祝儀となったが、後場は売り一辺倒。7260円まで下げた。

   23日の終値は6690円。株価は冷静さを取り戻しつつあるが、逃げ遅れて大損した人も多そうだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!