2024年 4月 17日 (水)

WBCに負けない!メタバース草野球大会 夢の剛速球にホームランと大熱戦

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日本中が歓喜に震えたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の裏で、「メタバース」上でも草野球大会が繰り広げられていた。メタバースプラットフォーム「VRChat」上で実施されている「VR草野球-春季大会-」だ。

   大会は玩具「野球盤」を模したワールド(空間)「YakyuBan(野球盤)」を使って実施。仮想空間の中に、時速160キロメートルの速球が行き交う。VR記者カスマルは、準決勝の様子を取材した。

  • メタバースワールド「YakyuBan(野球盤)」を使った「VR草野球-春季大会-」
    メタバースワールド「YakyuBan(野球盤)」を使った「VR草野球-春季大会-」
  • 試合前の整列 左手前からshimenawa選手、Annsoni選手、jiro選手、Nabe_1991選手、alpaca選手、ゆーや選手。右手前からムク選手、希流ふうか選手、西井りい選手、サナキ選手 中央は左が球審のHongo_mimomiさん、右はNinoさん(写真はNinoさんの提供)
    試合前の整列 左手前からshimenawa選手、Annsoni選手、jiro選手、Nabe_1991選手、alpaca選手、ゆーや選手。右手前からムク選手、希流ふうか選手、西井りい選手、サナキ選手 中央は左が球審のHongo_mimomiさん、右はNinoさん(写真はNinoさんの提供)
  • alpacaさんのチェンジアップでサナキさんは空振り三振
    alpacaさんのチェンジアップでサナキさんは空振り三振
  • 次の打席で反撃の2ランホームラン
    次の打席で反撃の2ランホームラン
  • アロザレーナ外野手よろしく腕組みポーズ
    アロザレーナ外野手よろしく腕組みポーズ
  • Ninoさんと記念撮影
    Ninoさんと記念撮影
  • メタバースワールド「YakyuBan(野球盤)」を使った「VR草野球-春季大会-」
  • 試合前の整列 左手前からshimenawa選手、Annsoni選手、jiro選手、Nabe_1991選手、alpaca選手、ゆーや選手。右手前からムク選手、希流ふうか選手、西井りい選手、サナキ選手 中央は左が球審のHongo_mimomiさん、右はNinoさん(写真はNinoさんの提供)
  • alpacaさんのチェンジアップでサナキさんは空振り三振
  • 次の打席で反撃の2ランホームラン
  • アロザレーナ外野手よろしく腕組みポーズ
  • Ninoさんと記念撮影

先頭打者ホームラン飛び出した

   VR草野球8チームがそろった今大会は、2023年3月17日~25日にかけて実施。22日の準決勝第2試合は、「リアアリスアイドルズ」と「100 Mile Splitters」がぶつかった。

   整列後、両チーム「声出し」を実施。100 Mile Splittersのエース・alpaca選手は「(相手に)憧れすぎないようにしましょう」と呼びかけた。WBC日本代表の大谷翔平選手が米国戦前に行なった声出しのパロディーだ。

   試合は玩具「野球盤」やテレビ企画「リアル野球BAN」のような形式。ピッチャーとバッターとキャッチャーを除き守備につく野手は居ない。「Single Hit(単打)」「Double Play(併殺)」などと書かれたパネルがフィールド上に設置されており、打球が到達したパネルに基づき打席結果が決まる。

   投球はピッチャーがVRコントローラーを振る勢いで球速が決まり、コンローラーの角度によって任意のスピンをかけて変化球を投げられる。

   先攻は100 Mile Splitters。主催のNinoさんによると、「ルーキー軍団」ながら今大会最多得点を記録している強豪だ。先頭打者のjiro選手を、リアアリスアイドルズ先発投手・ムク選手が迎え撃つ。

   最速160キロのピッチングにjiro選手が粘りを見せ、フルカウントに。最後は110キロの沈む球をとらえ、打球がアーチを描いた。先頭打者ホームランだ。「ナイスホームラン!」との声が球場に響く。その後もソロ本塁打や長打が飛び出し、100 Mile Splittersは初回3得点をマークした。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!