2024年 3月 4日 (月)

「カマノレイコ」チャリティNFT販売 持ち続けるとアートが毎月無料でもらえる

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   Webアート文化基金は、画家のカマノレイコさんの協力のもと、NFTを利用したチャリティーデジタルアートを販売すると、2023年3月23日に発表した。売り上げの40%(予定)を、識字率の向上や男女平等を目指して活動する「ルーム・トゥ・リード・ジャパン」に寄付する。

   「カマノレイコ チャリティデジタルアートプロジェクト」サイトで、4月2日まで販売予定。

  • 「普通の暮らし」「当たり前の日常の場面」の幸せや素晴らしさを描く
    「普通の暮らし」「当たり前の日常の場面」の幸せや素晴らしさを描く
  • 「普通の暮らし」「当たり前の日常の場面」の幸せや素晴らしさを描く

所有するだけで毎月NFTもらえる

   カマノさんは、猫などの動物を通じ、「普通の暮らし」「当たり前の日常」の尊さ、楽しさをテーマにした制作をしている。今回販売するデジタルアートのタイトルは「Music - 河原で合奏」。キツネと思しき動物が指揮をし、個性豊かな猫たちや子熊、犬が合奏に参加している様子を描いたものだ。

   NFT1点あたりの金額は、日本円にして1万円ほど。売り上げの一部は、アジアやアフリカの低所得コミュニティに住む少女の約40日間の女子教育、または現地語の絵本40冊相当の支援に使われる予定だ。

   購入したNFTは他プラットフォームでも二次流通が可能だが、所有し続けることで特典がある。作品を購入した翌月から11か月間、毎月新たなデジタルアートを獲得できる。ブロックチェーン技術を使用するため、受け取りには手数料が必要だが、アート自体は無料で受け取れる。

   3月26日までにNFTを購入すると、本を読む猫がデザインされたコットンバッグがもらえるキャンペーンも行っている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!