2024年 5月 19日 (日)

DeNAの超大物投手・バウアーの練習動画が変 ヤバすぎる日本語が続々と

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球・横浜DeNAベイスターズに入団した新外国人右腕トレバー・バウアー投手。米MLB通算83勝の実績を持ち、最も活躍した投手に贈られるサイ・ヤング賞の受賞経験も持つ大物は、日本の野球ファンに向けて日本語のユーチューブ動画チャンネルを開設した。

   このチャンネルで近ごろ公開したバント練習動画の日本語が「カオスすぎる」「癖になる」として、野球ファンの一部で話題になっている。

  • 日本ファン向けに日本語動画を投稿しているトレバー・バウアー投手だが
    日本ファン向けに日本語動画を投稿しているトレバー・バウアー投手だが
  • 日本ファン向けに日本語動画を投稿しているトレバー・バウアー投手だが

いきなり「エリックテンテンテンテンテンテン」で

   2023年3月26日に投稿した動画のタイトルは「プロの投手は、この野球の基本的な技術が下手くそだ」。動画の内容は日本での野球に適応するためか、バウアー投手がピッチングマシーンを使ってひたすらバントの練習をするというもの。

   動画に映る人物の音声は、全て機械翻訳とおぼしき文章の、男性調の機械音声で日本語に吹き替えられている。登場人物は、バウアー投手が経営するドキュメンタリー制作会社「MOMENTUM」のクリエイターで元マイナーリーガーのエリック・シム氏と、同社で映像制作をしているケビン・チャン氏だ。

   冒頭からバウアー投手は早口の音声で「エリックテンテンテンテンテンテン、バントの仕方を教えてくれませんか」とシム氏に語りかける。原稿の三点リーダ「...」を機械翻訳にかけたところ「テンテンテン」と翻訳されたのだろうか。

   冒頭の発言は「日本でバントができた。あそこまでいって、バントが取れなかったらしょうがないっちゃしょうがない。私を干してくれたこと、それは私のせいではありません」と続く。一見、日本語として成立しているが文意がわからない不思議な文章だ。

   また機械音声の再生スピードは突然速くなったり、遅くなったりと目まぐるしく変化する。ねっとりと「ひどいバント。いちまぁいめ(一枚目)です」とスロー再生されたかと思えば、すぐに「ソレハヨイバントデハアリマセンソレハダイジョウブナバントデス」と早口に切り替わる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!