2024年 5月 27日 (月)

「WEBTOON」今のうちに知っておこう 漫画編集者が解説「すばらトゥーン」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   スマートフォン(スマホ)で読むのに最適化されたフルカラーの縦読み漫画、「WEBTOON」。韓国発のコンテンツだが、昨今は国産作品も台頭し、「LINEマンガ」など大手マンガアプリでの人気ランキング上位入りも珍しくない。これからますます発展する可能性を秘めている。

   J-CASTトレンドでは、WEBTOON制作スタジオ「Studio No.9」の漫画編集者・遠藤さんをメインパーソナリティに迎え、「国産のすばらしいWEBTOON作品とホットトピックを紹介する番組」、略称「#すばらトゥーン」を、2023年3月20日にツイッターのスペースで実施した。模様をダイジェストでお伝えする。

  • WEBTOON制作スタジオ「Studio No.9」の漫画編集者・遠藤さん
    WEBTOON制作スタジオ「Studio No.9」の漫画編集者・遠藤さん
  • 『神血の救世主~0.00000001%を引き当て最強へ』主人公・有明透晴 (C)江藤俊司/疾狼/3rd Ie/Studio No.9
    『神血の救世主~0.00000001%を引き当て最強へ』主人公・有明透晴 (C)江藤俊司/疾狼/3rd Ie/Studio No.9
  • 縦スクロール式を生かし、勢いと動きのある表現もできる/『神血の救世主』 (C)江藤俊司/疾狼/3rd Ie/Studio No.9
    縦スクロール式を生かし、勢いと動きのある表現もできる/『神血の救世主』 (C)江藤俊司/疾狼/3rd Ie/Studio No.9
  • WEBTOON制作スタジオ「Studio No.9」の漫画編集者・遠藤さん
  • 『神血の救世主~0.00000001%を引き当て最強へ』主人公・有明透晴 (C)江藤俊司/疾狼/3rd Ie/Studio No.9
  • 縦スクロール式を生かし、勢いと動きのある表現もできる/『神血の救世主』 (C)江藤俊司/疾狼/3rd Ie/Studio No.9

ヒット作連発の実力派レーベル

   番組は「遠藤さんおすすめのWEBTOON作品3選」、「WEBTOON HOTPIC」の二本立て。

   まず、おすすめ作品は下記の通りだ。

(1)俺だけレベルMAXなビギナー(韓国産)
(2)晴天のデルタブイ(国産)
(3)2周目冒険者は隠しクラス〈重力使い〉で最強を目指す(国産)

   (1)は、WEBTOONをよく知らない人に「まずはこれ」と言える一冊。(2)は「通」な一冊で、(3)は、今アツい一冊を選んでもらった。

   (2)は民間ロケット開発をテーマにした、ヒューマンドラマ。液体燃料ロケット開発を行う、インターステラテクノロジズ(北海道大樹町)の実話がもとだ。ナンバーナインが制作にかかわっている。

「広告代理店を舞台にした漫画『左ききのエレン』を手掛けた、かっぴーさんが原作者。横開き漫画で大ヒットした作家さんが、WEBTOONに関わる例はまだ珍しいです」(遠藤さん)

   (3)は元S級冒険者が2周目の冒険で「重力使い」という職業を選択して活躍する、WEBTOONの定番人気ジャンル「ファンタジーバトルもの」だ。LINEマンガ「総合ランキングで1位」に輝いている。

「制作者に直接聞いたことがあるわけではないですが、『重力使い』という特性は、縦スクロールの動きを最大限生かすためと予想しています」

   重力使いである主人公は、重力操作による跳躍や落下を得意とする。必然的に上下運動が多くなり、ページを大きく、長く使った迫力ある演出ができるのだ。遠藤さんも日ごろの制作の中で、WEBTOONの強みを生かすために「意図(識)的に、キャラクターやモノを縦に動かそうと考える」と話す。

   なお同作は、HykeComic、ストレートエッジ、Whomorによる合同レーベル「HxSTOON(へクストゥーン)」の作品。遠藤さんによれば、次々にヒットを生み出す実力派レーベルだ。なぜ人気作を連発できるのか、考察はスペースにて。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!