2024年 4月 17日 (水)

ちいかわグッズ転売止まらない ポップストア入場「抽選制」にしても

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   漫画・アニメ「ちいかわ」のグッズ人気が高まり続けている。公式グッズやコラボ商品が登場すると発売当日に売り切れる事例がたびたび出ており、フリマアプリでは高額転売が相次いでいる。ちいかわ公式総合情報サイト「ちいかわインフォ」では、新たなグッズの発売前日に「インターネット上での転売が非常に高騰する恐れがあります」と注意喚起している。

   おりしも2023年3月30日、東京駅八重洲口に直結の商業施設「東京駅一番街」でポップアップストア「ちいかわ てんし○あくま」(○はハートの記号)が開店した。

  • 東京駅のポップアップストア「ちいかわ てんし○あくま」 中にはそのままでは入れない
    東京駅のポップアップストア「ちいかわ てんし○あくま」 中にはそのままでは入れない
  • 東京駅のポップアップストア「ちいかわ てんし○あくま」 中にはそのままでは入れない

転売目的での購入は禁止

   新規店の入場は時間帯ごとに人数制限が敷かれ、来場には事前予約が必要だ。「ちいかわインフォ」によると、新型コロナウイルス感染拡大防止や混雑回避、列形成の最小化が目的という。

   入場予約は、4月9日までは抽選制で、10日~14日は先着順で受け付けている。ツイッター上ではこの抽選に「落ちた」との投稿を数十件見かけた。

   一部の人しか入場できないシステムだが、「てんし○あくま」のグッズはECサイト「ちいかわマーケット」でも販売する。

   前述通り「ちいかわインフォ」は3月29日、転売品が高騰する可能性に言及。店頭やECサイト「ちいかわマーケット」での各グッズの購入可能数量は各1点まで、転売目的での購入は禁止とし、「正規流通以外」での購入は控えるように呼びかけた。

   記者は3月30日18時ごろ、「東京駅一番街」にある「ちいかわ てんし○あくま」ストアを訪れた。外から見る限りぬいぐるみの在庫は潤沢で、売り切れ状態からは程遠い。しかし入口はポールとゴムロープ、パネルによって仕切られ、買いたくても入れない。スタッフに聞くと「4月9日分まで入場申し込みは埋まっている」とのことだった。

   同日18時に確認すると、「ちいかわマーケット」では110種類近くある「てんし○あくま」グッズのうち、50種類以上が売り切れに。メルカリでは150件以上の転売出品が発生している。

   高額な出品例では、「ちいかわ てんし○あくま マスコット(だてんしなハチワレ)」という小型のぬいぐるみが2件。定価は1650円だが、メルカリでは5999円、5555円で出品されている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!