2024年 3月 1日 (金)

SAWA「霊媒師」感覚で作詞 元高校教師DTM作曲家が信じる「繋がり」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
【作リエイターズアトリエ(通称「作リエ」)】
テレビアニメ「ポプテピピック」のゲームパートを描き、映像制作やイベント主催など、フリーランスでマルチに活躍する山下諒さん。隔週水曜夜、各分野で活躍中のゲストクリエイターや美大生を招いて、「創作」をテーマに、ツイッターの「スペース」や「オンラインセミナー」で語らう企画が「作リエ」だ。
連載では、スペースで出た話題から、エッセンスを抽出してお届けする。未来のゲストは、今この記事を読んでいるあなたかも?

   第19回のゲストは、シンガーソングライターにして、元高校教師DTM作曲家のSAWAさん。代表作に「いじっぱりマーメイド」、「業務提携」、「パッとピッとプロミス」のフレーズでおなじみの「プロミス」テレビCMなどがある。自ら作って歌うだけでなく、アイドルやアーティストへの楽曲提供実績も豊富だ。

   スペースのテーマは「SAWA式『ファン心のつかみ方』 『オタクをプロデュース』する秘術」。アーカイブはこちらから。

  • シンガーソングライターにして、元高校教師DTM作曲家のSAWAさん
    シンガーソングライターにして、元高校教師DTM作曲家のSAWAさん
  • シンガーソングライターにして、元高校教師DTM作曲家のSAWAさん

「霊能力」で作詞

「緊急の動画がございます。。。」

   2023年4月7日のツイートで、「緊急謝罪会見」動画を投稿したSAWAさん。複数の記者にマイクを向けられ、無数のフラッシュを浴び、何をしたのかと思いきや――実は、新曲「ダウト」のMVだ。MCを務める山下さんが制作した。

   SAWAさんにとって、MV作りは毎回「新しいこと、これまでやっていないことへの挑戦」。これまで実写やCG、ゲーム風の作品を手掛けてきて、「これらを超えるものはなんだ?」と考えていた矢先、山下さんが作った「モスバーガー」のウェブCMを見た。実写がありつつ、さらにCG感やアニメ感もあり、「新しい融合」だと受け止めたことで、オファーに至ったそうだ。

   山下さんは「SAWAさんサイドから『色々遊んでいい』と言っていただいた、つまり『色々遊べ』ということだ」と解釈。そこで、「ダウト」を聞いて持った「きれいで良い曲」という印象を、壊していく作業から始めたという。結果、「どこかで見た」映像が無数に詰め込まれ、クスッと笑えるMVに仕上がっている。中でも、「作りたいカットが明確に決まっていた」と山下さん。そのカットとは(21:15~)。

   なお、SAWAさんは作詞の際に「音の通りに歌詞・文字を当てはめていく」スタイルを取る。

SAWAさん「自分では『霊媒師』と呼んでいます(笑)。ここは『っ』だなとか、『か』だな、というのが見えてくるんです。霊能力で書いているみたいな」
山下さん「では、最初にそこまでテーマは決めないんですね」

   テーマもストーリーも、あくまで「結果論」なので、思いもよらない仕上がりになるという。「ダウト」も、強調したい音のリズムに合わせ、言葉を紡いだ。SAWAさんお気に入りのフレーズや、数々の裏話はスペースにて(13:30~)。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!