2024年 5月 29日 (水)

Flashゲーム「艦砲射撃!」「マテリアルスナイパー」復活 HTML5対応へ制作者の思い

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ウェブ上で動画やゲームを楽しめるソフトウエア規格「Flash」。2000年代にはさまざまなFlashゲームやコンテンツが制作され、企業や個人のウェブサイトで公開された。しかし、開発会社の米アドビは2020年末でFlash関連ソフトウエアのサポートを終了。2023年4月24日現在、一般的なウェブブラウザーは通常だとFlashコンテンツを再生できない。

   フリーランスとしてゲーム制作に携わるTANAKA U氏は、現在のブラウザーで遊べる「HTML5」規格に、自身作の往年のFlashゲームを対応させてツイッター上で話題となった。TANAKA U氏に取材すると、反響の背景について「当時私のゲームを遊んで楽しい思い出を作ってくれた人が、私の想像以上にたくさんいたからだと思います」と語る。

  • HTML5に対応し、今も遊べるようになった「マテリアルスナイパー」 (画像は「NEXTFRAME」から)
    HTML5に対応し、今も遊べるようになった「マテリアルスナイパー」 (画像は「NEXTFRAME」から)
  • TANAKA Uさんが最初に復刻した「艦砲射撃!」 (画像は「NEXTFRAME」から)
    TANAKA Uさんが最初に復刻した「艦砲射撃!」 (画像は「NEXTFRAME」から)
  • HTML5に対応し、今も遊べるようになった「マテリアルスナイパー」 (画像は「NEXTFRAME」から)
  • TANAKA Uさんが最初に復刻した「艦砲射撃!」 (画像は「NEXTFRAME」から)

「懐かしむ用」だったけれど

   TANAKA U氏は、ウェブサイト「NEXTFRAME」上で数十種類のFlashゲームを公開してきた。

   2004年に公開した「艦砲射撃!」は、艦艇を操作し、敵軍艦と戦っていくゲーム。プレーヤーはキーボードのAキー、Dキーで移動し、マウスで艦砲の射撃位置を指定。左クリックで砲弾を射出し、敵を撃沈させる。「NEXTFRAME」上では、人気ナンバー2のゲームとして紹介されている。

   人気ナンバー1とされるのが、2008年公開のゲーム「マテリアルスナイパー」。スナイパーライフルのスコープをマウスで操作し、手ブレを修正しながら照準を合わせ、ガラス瓶や時限爆弾といった標的を破壊していくゲームだ。

   TANAKA U氏は2022年10月28日、艦砲射撃!(艦砲射撃!甲・改)をHTML5に対応させたと自身のツイッターに投稿。公開から約18年が経過していたなか、ツイートは4800件以上の「いいね」を集め、「復活してくれてありがとう」「またこのゲームができるとは」といった反応が相次いだ。

   23年4月8日には「レトロゲームですので懐かしむ用です」としつつ、マテリアルスナイパーのHTML5版公開を発表。こちらも告知ツイートには6000件近い「いいね」が付いている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!