2024年 4月 22日 (月)

BLUETTIポータブル電源「AC60」徹底分析 「拡張バッテリー」でパワーアップする

提供:BLUETTI JAPAN

   BLUETTIから、ポータブル電源の新商品が登場した。以前、同社の「EB3A」を使って、その便利さを知ったJ-CASTトレンド記者。入門機として、手にしやすい価格だった同製品だが、今回発売されたのはその後継機「AC60」だ。

   そこで、それぞれのスペックや使用感の違いを比較しながら、「AC60」の特徴を記者自身が体感。併せて、実際の使用シーンについて具体例を、BLUETTIに取材した。

  • 上が「AC60」、下が拡張バッテリー「B80」
    上が「AC60」、下が拡張バッテリー「B80」
  • 上が「AC60」、下が拡張バッテリー「B80」

防水防塵機能が付いた

   「AC60」が「EB3A」からアップグレードされた点や違いを、簡単に挙げてみよう。容量が約269ワットアワー(Wh)から403 Whとほぼ1.5倍に。その分、使用可能時間が長くなった。急速充電機能も、430Wから600Wとパワーアップした。

   重さは4.6kgから8.6kgと、ほぼ倍増。女性の記者が「AC60」を持ち上げると、片手で持てなくもないが、長時間の持ち歩きは難しそうだ。大きさは、それぞれ横が25センチ(cm)から29 cmに、縦と奥行きはいずれも約18cmだったが、縦が約23 cm、奥行きが約20 cmと若干大きくなった。この点を考えると、緊急時に倉庫の奥から引っ張り出して...というのは苦労しそうだ。普段の保管場所は、どこがよいだろうか。

「安全であれば、好きな場所に置いていただければと思います」

   BLUETTIの担当者はこう話し、ポータブル電源の性質から「涼しくて風通しの良い場所」を勧めた。具体的には、玄関やリビング。車で一時的に保管する場合は、他の場所より温度が低い後部座席の足元がよさそうだ。

   さらに、大きく変化した点がある。付属の充電ケーブルが1つから2つに増え、別売りの拡張バッテリー「B80」への接続が可能になったのだ。防水防塵機能も付いた。コンセント差込口やUSB差込口には、ゴム製のカバーがかけられている。EB3Aには、なかった。

   一方、電源出力について、EB3Aでは出力ポートが9個だったが、AC60では7個に減った。ただし拡張バッテリーを使えば、最大13個に増える。また、インプットや増設のためのポートの場所が変更に。すべてのポートが前面にあったEB3Aと比べると、場所が分かれたことで見分けやすくなった。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック