2024年 5月 31日 (金)

スマホでアバター作り「VRChat」へアップロード可 アプリ「MakeAvatar」大型アプデ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   Gugenka(新潟市)は、アバター作成スマートフォンアプリ「MakeAvatar」で、アバターブランド「化体(けたい)」の女性バージョンのアップデートを2023年4月28日に実施した。アバターは、各種メタバースで使用できる。

   Gugenkaは、マルチメタバースのコンテンツを制作するXRクリエイティブスタジオだ。

  • VRChatなどのメタバースで使用可能
    VRChatなどのメタバースで使用可能
  • VRChatなどのメタバースで使用可能

顔も体型も細部まで調節できる

   「MakeAvatar」は、パーツを組み合わせるだけで簡単にメタバース用オリジナルアバターが作れる。作成後は、「VRChat」「DOOR」「Virtual Cast」「VRoid Hub」といったソーシャルVRで使用できる。 

   アップデートされる「化体」女性バージョンは、男性バージョン同様、顔のタイプやそれぞれのパーツの位置などを細部まで調節することが可能になった。

   パラメーターの調整による組み合わせで、個性のあるアバターを作成できるようになる。

   体型も、顔と同様に自由に調節が可能。衣装や髪型、目の色などは好みの色に変更できる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!