2024年 5月 31日 (金)

大学受験で女子に「法学部人気」 東大、早慶、中央、明治などで目立つ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大学受験で、女子に法学部志向が高まっている。2023年の東大入試では、法学部を志望する文科一類の合格者に占める女子の割合が大きく増え、初めて3割を超えた。早稲田大や慶応、中央大の法学部などでも、合格者の高校別で最多を占めるのは女子校だ。

  • 法学部出身者が多く受験する司法試験の合格者も増えている
    法学部出身者が多く受験する司法試験の合格者も増えている
  • 法学部出身者が多く受験する司法試験の合格者も増えている

東大で「3割」に

   大学受験の動向を調査している大学通信の調べによると、2023年春の東大合格者に占める女子の割合は、22.3%。過去最高になった。東大合格者の女子比率は長年「2割の壁」があるとされ、おおむね20%の手前で足踏みしていたが、一気に壁を突破した格好だ。 特に注目されるのは、文科一類。女子比率が30.5%に達した。4月18日号の日経ビジネス(執筆はジャーナリスト田中圭太郎氏)で、大学通信(東京・千代田)の井沢秀情報調査・編集部長が説明している。

「東京大では主に文学部に進学する文IIIで、女子の占有率は毎年40%程度と高い数字を出していました。文IIIが例年通りの占有率を見せている一方で、文Iでは21年度が22.8%、22年度が25.9%と右肩上がりとなり、23年度は30%を超えました。この数字はおそらく史上最高です」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!