「太鼓の達人」中国でオンライン筐体稼働 2023年秋に

   バンダイナムコアミューズメント(東京都港区)は、同社の中国現地法人BNAM上海、現地企業の華立科技社(広州市)とアーケードゲーム機「太鼓の達人」を2023年秋に中国でオンライン展開する。

  • 人気現地楽曲も追加予定
    人気現地楽曲も追加予定
  • 人気現地楽曲も追加予定

オンライン運営する環境・体制整う

   バンダイナムコアミューズメントに、「太鼓の達人」の中国展開を決めた経緯を取材した。同社広報によると、2008年から現地で展開していた「太鼓之達人 亜州版」は好評稼働していたが、オンライン環境が整っておらず、オンライン版への移行ができなかった。今回、オンライン運営を行う環境や体制が整い、中国市場に再展開できるようになったと話す。

   「太鼓の達人」は台湾、韓国、オーストラリア、マレーシアなど15か国・地域で、約500台がオンラインで稼働中。その他の国や地域での展開も、検討中とのこと。ゲームの音源として使われる楽曲について、今後は中国本土で流行している人気曲も追加予定だ。

姉妹サイト