ChatGPTで作る偽情報 新聞社は見抜けず掲載、謝罪に追い込まれる

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

シューマッハの偽インタビュー

   BBCによると、ドイツの週刊誌「ディ・アクトゥエル」は4月15日発行号で、自動車レーサーのミハエル・シューマッハ氏のインタビュー記事を掲載した。しかし、これは、AIが作成した架空のインタビューだった。

   シューマッハ氏は、自動車レース、フォーミュラワン(F1)で7回の個人総合優勝を果たした後、2013年にスキー事故で負傷。それ以降は表舞台に出てないため、近況を知ることができる貴重な記事として評判になった。

   ところが、この記事は「Character.AI」というAIプログラムを使い、シューマッハ氏の健康状態や家族に関する「発言」を人工的に作成したものだった。

   ディ・アクトゥエルを発行するフンケ・メディアグループ社は4月22日、シューマッハ氏の家族に謝罪し、同週刊誌の編集長は解雇された。

   詳細は明らかになっていないが、これは編集部が勝手に作ったインタビューだったようだ。

姉妹サイト