2024年 4月 16日 (火)

ChatGPT「生成継続」ボタン地味に便利 「続き書いて」のイライラから解放

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   対話型AI「ChatGPT」。ユーザーへの回答時、一度に生成できる文字数には制限があり、長文を出力させると、回答の途中で不自然に文章が途切れることがある。

   これを解決するような新たな機能が、近ごろChatGPTに追加された。「Continue generating」(生成継続)ボタンだ。このボタンを押すと、回答が途切れた場合、シームレスに続きを書かせられる。ツイッターの一部で「地味に最高」「めっちゃ便利」などと話題になっている。

  • 対話型AI「ChatGPT」の利用がより便利に(写真はイメージ)
    対話型AI「ChatGPT」の利用がより便利に(写真はイメージ)
  • 「続き書いて」と促すと
    「続き書いて」と促すと
  • 「両親の貯金」で文章が途切れたため、「Continue generating」を押す
    「両親の貯金」で文章が途切れたため、「Continue generating」を押す
  • Continue generatingを使うと、そのまま「両親の貯金は私の学費に使われていました」と続いていった
    Continue generatingを使うと、そのまま「両親の貯金は私の学費に使われていました」と続いていった
  • 対話型AI「ChatGPT」の利用がより便利に(写真はイメージ)
  • 「続き書いて」と促すと
  • 「両親の貯金」で文章が途切れたため、「Continue generating」を押す
  • Continue generatingを使うと、そのまま「両親の貯金は私の学費に使われていました」と続いていった

「続き」の催促が面倒

   「Continue generating」ボタンを試すため、米アップル共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が、2005年に米スタンフォード大学で実施したスピーチを翻訳させてみる。YouTube上で公開されている動画字幕をChatGPTに入力し、和訳するよう指示する。動画は全15分で、文字に起こすと2000単語以上に及ぶ長大な英文だ。

   ChatGPTが回答した翻訳文は、「そして17年後、私は大学に行くことになりました。しかし、私は無邪気にも、スタンフォードとほぼ同じくら」と不自然な位置で止まる。これまでは毎回、これに対し「続けてください」「続きをどうぞ」などと追加で指示を送り、次のChatGPTのメッセージで続きの文章を生成させる必要があった。

   従来通り「続けてください」と送る。すると、「すいません、以下を続けます。02:28(編注:動画の再生時間) 高価なスタンフォードとほぼ同等の学費を払っている大学を選んでしまいました」と続きが出てきた。

   スタンフォード大学の名前などが重複して出てきたうえ、最初に使われていた「ほぼ同じ」との文が「同等」に変わるなど、表現がやや異なっている。和訳した全文をコピーして利用したい場合、この「つなぎ目」部分について修正が必要なため、やや不便だろう。毎回テキストで続きを促すのも手間だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!