2024年 5月 20日 (月)

「マイナンバー」5月にトラブル頻発 他人の証明書が...個人情報は大丈夫?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   マイナンバーカードへの信頼が揺らいでいる。最近になって、「マイナ保険証」やコンビニサービスでのシステムトラブルが、相次いで起きているのだ。

   2023年5月に入ってから起こったトラブルは、実はこれだけではない。

  • 5月に入って相次いで「マイナンバー」トラブルが…(画像はイメージ)
    5月に入って相次いで「マイナンバー」トラブルが…(画像はイメージ)
  • 5月に入って相次いで「マイナンバー」トラブルが…(画像はイメージ)

松本総務相は「大変遺憾」

   マイナンバーカードを利用した、コンビニエンスストアでの住民票の写しを受け取れるサービスで、別人の証明書が交付された事例が、東京都足立区と横浜市、川崎市、徳島市の4市区で延べ14件発生した。総務省が2023年5月12日に発表したものだ。

   また同省は、マイナンバーカードを使った印鑑登録証明書のコンビニ交付について、廃印処理済みの印鑑証明書が誤発行されるトラブルがさいたま市、新潟市、熊本市の3市で計11件発生したと発表。共同通信が2023年5月16日付の記事で報じた。

   これらの件は、いずれも富士通Japanのシステムを使用していたという。短期間で、多くのトラブルが発生したことを受け、松本剛明総務相は5月16日の閣議後記者会見で、「大変遺憾」と発言。事業者に直接、原因や再発防止策を確認している旨を話した。

   ところがこの同じ日、別のトラブルが明らかになった。鳥取県境港市で、マイナンバーカードを使った各種証明書のコンビニ交付サービスが止まっていることがわかったと、「TBS・JNN NEWS DIG」が報じた。ただし、「全国で発生しているトラブルの委託会社とは異なる」という。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!