2024年 5月 28日 (火)

秋葉原の居酒屋「あがいてみたい」 閉店回避のため「前払い飲み会制」に挑戦

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルス禍の影響による客足の減少を背景に、経営難で閉店する飲食店の話をたびたび耳にする。東京・秋葉原にある海鮮系居酒屋「八四六」は閉店を回避するため、「前払い飲み会制」を立ち上げた。

   あらかじめ2万円の支払いを受け付け、翌月の店舗利用時に利用客が前払いした額から支払いをする仕組みだ。

  • 海鮮系居酒屋の生き残り策 (写真は「八四六」ツイッターの23年4月6日の投稿から)
    海鮮系居酒屋の生き残り策 (写真は「八四六」ツイッターの23年4月6日の投稿から)
  • 海鮮系居酒屋の生き残り策 (写真は「八四六」ツイッターの23年4月6日の投稿から)

「無茶なお願い」承知で

   「八四六」は、2023年5月23日に店舗ツイッターを更新。「閉店予定でしたが、足掻いて(あがいて)みたいと思います」と投稿した。

   ツイートの続きによれば、同店は2014年8月に開店。近ごろはコロナ禍の影響により、営業が苦しくなった。いちどは23年5月末での閉店を決断し、ツイッターで告知すると、惜しむ声が多く寄せられた。

   店主の斎道良一氏自身、店を継続したい思いは強い。そこで、「前払い飲み会制」を新設するとし、「無茶なお願いですが」としつつ協力を呼びかけた。

   2万円の前払いを、銀行振り込みや店頭で受け付ける。前金分を使っての飲食は、支払った本人やその同伴者が利用可能。前払い制の利用者が20人いれば、今後も店を継続できるとの説明だ。

   あくまで前払い制で、募金を呼びかけるものでない。「前払い」の残額は、翌月に繰り越して利用可能だ。最終的に閉店した場合は残金を返金するという。

   入居する物件との賃貸契約は2024年6月まで。残りの約1年を営業できれば「悔いはありません!」としている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!