結婚披露宴翌日にワンマンライブ アコギで弾き語る一児の母「田中ミズホ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
【連載】DJ Nobbyの「未来のスターがやってきた」
若手アーティストを熱く応援する音楽バラエティーラジオ番組「DJ Nobby's Tokyo LIVE!!」のメインパーソナリティー、DJ Nobbyさんによる新連載。全国放送の同番組に出演した「近未来のトップアーティスト」の素顔を紹介します!明日にも人気沸騰する逸材が登場するかも...?

   DJ Nobbyです。第21回のゲストは、アコースティックギター弾き語りシンガーソングライターの「田中ミズホ(たなか・みずほ)」さんをお招きしました!

  • (左から)DJ Nobby、田中ミズホさん、番組コーディネーターのぴんくさん。田中さんと、ぴんくさんはとても親しいということで、リラックスした状態で収録がスタートしました
    (左から)DJ Nobby、田中ミズホさん、番組コーディネーターのぴんくさん。田中さんと、ぴんくさんはとても親しいということで、リラックスした状態で収録がスタートしました
  • (左から)DJ Nobby、田中ミズホさん、番組コーディネーターのぴんくさん。田中さんと、ぴんくさんはとても親しいということで、リラックスした状態で収録がスタートしました

私、アニーになりたい

   田中さんは、現在27歳で一児の母! ということで、子育てをしながら音楽活動をなさっています。

   出身は佐賀県で、周りにはあまりミュージシャンがいない環境で育ったのだとか。元々ミュージシャンを目指していたわけではなく、テレビのドキュメンタリーで見たミュージカルの「アニー」になりたかったそうです。お母さんに「私、アニーになりたい」と相談すると、早速次の週にはオーディションなどの資料を多数取り寄せ、「レッスンに行ってきなさい!」と環境を整えてくれました。

   ただ、そこは狭き門。オーディションに応募してみたものの、うまく選考が進まなかったことから「ミュージカルは諦めて歌だけにしよう」と方針転換。高校生になった頃から自分でも曲を作り始め、上京するタイミングで、ライブでギターの弾き語りをするようになります。

   歌の道を志して以降、ボイストレーニングの先生から指導を受けていました。たまたまその先生の本業が作曲家だったことから、ボイトレのレッスンに行ったつもりが、いつのまにか音楽理論をメインに教わるようになっていたそうです。

   「歌も音楽理論のように教えてくれて、音程を数字のように捉えて歌うようになった」という田中さん。先生のことは大好きだった一方で、「このままだと先生のアシスタントになっちゃうな」と感じて上京を決意したそうです。

姉妹サイト