2024年 6月 18日 (火)

粗大ごみを販売、メルカリにも出品 自治体が主導するリユースの動き

   自治体が回収する粗大ごみ。まだ利用できそうな家具を、インターネット上やリサイクルショップで販売する行政の動きが複数出ている。

   フリマアプリ「メルカリ」内で利用できるECサイト「メルカリShops」では、2023年6月5日から8件の自治体が販売を開始。うち、名古屋市と茨城県行方市は、粗大ごみを出品している。

  • 回収したゴミ、使えそうなものは出品します (写真はイメージ)
    回収したゴミ、使えそうなものは出品します (写真はイメージ)
  • 回収したゴミ、使えそうなものは出品します (写真はイメージ)

ベースにギターが格安

   メルカリShopsでのショップ情報によると両市は、家庭から回収した粗大ごみのうち、使用可能なものを出品している。排出されるごみの減量や、市民のリユース意識向上のための取り組みだ。

   名古屋市のメルカリShops内ページを見ると、300円(税込、以下同)のイスや机、姿見など安価な商品が40品近く出品されている。中には300円のエレキベースや1200円のアコースティックギターも。いずれも粗大ごみとされていたものだ。

   行方市では9品が出品中。サイドボードやイスのほか、5000円の熊の置物や七福神・布袋の像など、変わった品が販売されている。

   商品の発送はなく、購入者が直接ごみ関連施設で引き取る。名古屋市では「南リサイクルプラザ」で、行方市では「行方市環境美化センター」で受け渡す。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!