メタバース・XR総合展 最新のVR技術にVTuberと話せるブースも

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京ビッグサイト(東京都江東区)で、XR(クロスリアリティ)やメタバースに関する展示会が2023年6月28日~30日、行われた。「第1回 メタバース総合展・夏」、「第3回 XR総合展・夏」だ。

   VR(仮想現実)ヘッドセットやメタバースプラットフォーム、3Dプリンターまで、さまざまなジャンルの商品やサービスが展示された。

  • 接客アバターとブースでお話
    接客アバターとブースでお話
  • アバターとした働く「アバターワーク」について当事者が解説
    アバターとした働く「アバターワーク」について当事者が解説
  • フライトシミュレーションで座席が回転
    フライトシミュレーションで座席が回転
  • モーションキャプチャーで動きをリアルタイムに反映
    モーションキャプチャーで動きをリアルタイムに反映
  • 「逆メタバース」とは?
    「逆メタバース」とは?
  • 接客アバターとブースでお話
  • アバターとした働く「アバターワーク」について当事者が解説
  • フライトシミュレーションで座席が回転
  • モーションキャプチャーで動きをリアルタイムに反映
  • 「逆メタバース」とは?

アバターがブースで接客

   「メタバース総合展」では、仮想空間上で実在の都市を再現するサービスや、VTuber(バーチャルユーチューバー)事業を手掛ける会社などが出展した。

   「Psychic VR Lab」(東京都新宿区)は、自社のリアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を紹介。VRやAR(拡張現実)を使い、現実と3Dコンテンツが融合したかのようなエンターテインメント体験ができるサービスを提供している。

   ブースに置いてある「PICO 4」というゴーグルを被ると、ゴーグルはカメラで会場を認識し、レンズ上に映像として記者の周りの風景を再現。そこにVTuber(バーチャルユーチューバー)が出現して踊りだし、空中に楽曲の歌詞が浮かび上がる演出が楽しめた。

   同展示会では、VTuberと話せるブースが複数あったのが印象的だ。IT企業によるセミナーを運営している「マジセミ」(東京都港区)では、展示内のモニターでVTuberのcleaさんが接客。店員などがアバターの姿で働く「アバターワーク」について、来場者からの質問を受け付けていた。

   VTuberやメタバース事業を行なうアクア(東京都港区)のブースでも、モニターに所属VTuberの城猪ケモさんが登場。時には英語も交えつつ、来場者と談笑していた。

姉妹サイト