2024年 5月 23日 (木)

別人の顔写真入りのマイナンバーカード交付 各地でトラブル相次ぐ 

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   別人の顔写真が入ったマイナンバーカードを誤って交付――。このようなミスの発生が、各地の自治体で相次いで発表されている。

   近ごろは他人の情報が誤って公金受取口座やマイナ保険証にひも付けられるトラブルが話題だが、他人の写真が登録されたマイナンバーカードが手元に届く事例があるようだ。

  • 届いたマイナンバーカードの写真に「これは誰?」 (写真はイメージ)
    届いたマイナンバーカードの写真に「これは誰?」 (写真はイメージ)
  • 届いたマイナンバーカードの写真に「これは誰?」 (写真はイメージ)

写真管理や確認のミスで

   たとえば大分県佐伯市。2022年11月から2023年1月にかけ、誤った写真で作成したマイナンバーカードを申請者に交付した事案が2件(3人)あった。また誤った写真でカードを作成し、交付前に間違いが判明した事案も2件(3人)起きたという。23年6月20日に発表した。

   申請手続きに対し、職員が誤って別人の写真を申請書に添付し、カード発行を行う「地方公共団体情報システム機構」に送付するなどしたとのことだ。原因については「写真の管理が適切に行われていなかったため、誤った写真を添付してしまった」「申請手続きについて複数人での確認作業を怠ったことも原因」としている。

   島根県安来市。2023年1月19日付読売新聞オンラインによれば、こちらでは同姓同名の市民2人から同じ日にマイナンバーカードの申請があり、職員が写真を取り違えて交付したミスが起きたという。

   岐阜新聞(電子版)の23年6月6日記事でも、各務原市が誤った写真のマイナンバーカードを発行した事例を報道。2月に受け付けたカード発行の申請書類に、直前に受け付けた別の70代男性の顔写真を委託業者が貼り付けたことで間違いが起きたという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!