2024年 5月 28日 (火)

タイガー史上最高温度の大火力 IHジャー炊飯器「土鍋ご泡火炊き」

   タイガー魔法瓶は、フラッグシップモデルという位置づけのIHジャー炊飯器「土鍋ご泡火(ほうび)炊き JRX-T100/060」2モデルを2023年7月21日に発売する。

  • タイガー史上最高の大火力を実現、アプリとの連携機能など搭載
    タイガー史上最高の大火力を実現、アプリとの連携機能など搭載
  • タイガー史上最高の大火力を実現、アプリとの連携機能など搭載

内鍋に「四日市萬古焼」の土鍋を使用

   内鍋に三重県四日市市の伝統工芸品「四日市萬古焼」の土鍋を使用。蓄熱性が高く、金属鍋より格段に高い温度で米に熱を加えられる土鍋ならではの大火力と泡立ちにより、深い甘みと弾けるような粒立ちを実現した。同社100年の歴史の中で理想とするご飯を炊き上げられる。

   新構造のIHコイル「300度 WレイヤーIH」構造の採用により、同社史上最高温度という300度の大火力を実現。釜底部分を包み込む発熱コイルの1層目が釜全体に熱をシームレスに伝える。また2層構造とすることで、大火力と土鍋を直火で炊くような炎の温度差を再現している。

   熱がゆっくり伝わる土鍋の特性を利用し、上下の温度差を生かした激しくもやさしい熱対流で、ご飯の甘みを最大限に引き出し一気に炊き上げる。また金属鍋と比べ約4倍の遠赤効果による、米を芯までじっくり加熱して旨みを引き出す。


   「米・食味鑑定士協会」協力のもと、水分率やたんぱく質・アミロースの量など、各銘柄が持つ特長を科学的に分析し、各銘柄に合わせた炊き方を実現した70種類の「銘柄巧み炊きわけ」機能を備える。東北から九州・沖縄まで6地域2ブランドのコシヒカリを産地ごとに炊き分ける「産地炊き」を新たに実装した。

   アプリとの連携で、新たに発売されたブランド米に対応した炊飯プログラムをダウンロードできる「銘柄ダウンロード」、外出先から炊飯の予約時間を変更できる機能などを新搭載した。

   最大消費電力が1080ワット、5.5合炊きの「JRX-T100」、同750ワット、3.5合炊きの「JRX-T060」2モデルを用意する。

   カラーはコスモブラック、ムーンホワイトの2色。

   いずれも価格はオープン。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!