思い込みのワナ 林田英明さんは「神田川」といえば4畳半と...

   サンデー毎日(7月16日号)の「校閲至極」で、毎日新聞 大阪校閲の林田英明さんが、半世紀前の名曲に潜む落とし穴について書いている...危うく落ちかけたと。

「3年目の同僚、今回は笑顔で近づいてくる。紙面点検用のゲラを再校したのだろう、疑問の箇所を指しながら私に問いかける...それは、1973年、南こうせつとかぐや姫が歌った『神田川』を形容するくだりだった」

   記事中〈ダメ男との4畳半の同せいを女性が懐かしむ...〉とある。

   その記事を最初に校閲した林田さん、自分が通した原稿だけに心中穏やかではない。初校を通した先輩が後輩から「校正もれ」を指摘され、場の空気が気まずくなる...校閲アルアルだろう。私はまず、将来どう化けるか判らない学生を「ダメ男」と決めつけたことに反応したのかと思った。だが、落とし穴は別の言葉で口を開けていた。

「余情あふれる作曲は南こうせつさんだが、作詞した喜多條忠(まこと)さんの一つ一つの言葉が哀愁と虚無感を漂わせる...喜多條さんは神田川沿いの下宿に恋人と同せいしていた学生時代を思い出し、一気に書き上げたという」

   自社の記者と思われる元原稿の筆者も、それを最初に校閲した林田さんも、ついでに冨永も、思春期にこの曲を聴いた ほぼ同世代。他方、林田さんのもとに参上した若い校閲者は何世代か違う。まっさらな感性で彼女が疑問を持ったのは「4畳半」だった。

   「4畳半フォークというのはあるそうですが」...その部屋の間取りがなぜ分かるのか、歌詞にそうあるのか。相手は先輩、よくよく調べての指摘であろう。

  • 名曲の舞台となった界隈。半世紀を経て往時の面影はない
    名曲の舞台となった界隈。半世紀を経て往時の面影はない
  • 名曲の舞台となった界隈。半世紀を経て往時の面影はない

後輩に救われる

「そうなのだ。70年安保闘争の挫折で多くの若者たちが政治の舞台から私生活にこもっていく過程で恋人と同せいした安アパート...松任谷由実さんの命名といわれる『4畳半フォーク』という言葉が(原稿の)筆者と私の頭に刻まれていたと思う」

   神田川といえば4畳半...そんな思い込みが筆者にも林田さんにも、冨永にもあった。一緒に銭湯に通った若い二人の暮らしには、なんといっても4畳半が似合うのだ。

「同僚に言われ目が覚めた。『神田川』の歌詞とメロディーが浮かぶ。『3畳一間の小さな下宿...』。3畳一間で二人、一体どうやって過ごしているのかと余計な心配をするよりも、手抜かりのわが初校を反省すべきであった」

   つまり原稿の「4畳半」は3畳の誤りで、そのまま紙面に載れば訂正ものだった。同じ字数で直すなら「3畳間」...いや、狭い部屋の代名詞としての4畳半が使えないのであれば、いっそ「安下宿」あたりに換えるのがいいかもしれない。

   いずれにせよ、誤りを笑顔で指摘してきた3年目の後輩女性は、言葉のプロとして、さらには社会人としてなかなか出来ている。

「"ダメ男"の私は、責めることのない同僚の『気にしなくていいですよ』と読み取れるまなざしが痛い。『神田川』の最後のフレーズが耳に響いてくる。『ただ、あなたのやさしさが怖かった』」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

姉妹サイト